« 李明博氏、砲撃事件の延坪島視察  北方限界線/NLL | トップページ | 週刊朝日、佐野真一「ハシシタ 奴の本性」連載中止 »

田中慶秋法相、辞任か  閣議を欠席 献金・暴力団問題

田中慶秋法相兼拉致問題担当相74(衆院神奈川5区)は19日、体調不良で閣議を欠席。辞任する公算が大きくなった。政府筋によると、近く野田佳彦首相に辞表を提出する方向で調整に入った。法相をめぐっては暴力団との関係や外国人献金問題が浮上。

法相は12日の記者会見で、暴力団関係者の仲人を約30年前に務めたことを認めたが辞任は否定。また、法相が代表の政治団体が06~09年、外国籍の男性が経営する会社から計42万円の献金を受けたことが判明し、全額返金したと説明していた。

                   ◆                  ◆

2012/10/12の記事 田中慶秋法相、辞任否定、政権の新たな火種に

田中慶秋法務大臣は12日の閣議後の記者会見で、『週刊新潮』報道で指摘された過去の暴力団関係者との交際を認めた。その上で、「(会合に)連れられていったら、暴力団関係者だったと分かった。大変申し訳ないと思っている」と陳謝した。自らの進退に関しては、

Photo_2「責任(をとる)よりも、むしろ職務を遂行していきたい。過去のことだが、誤解を招いて反省している」と述べ、辞任を否定した。

また、暴力団関係者の仲人を務めたとする『週刊新潮』の報道について「約30年前に本人の父親に頼まれ引き受けた」と認め「後で暴力団関係者と分かった」と釈明した。「

これに関連し、藤村修官房長官は同日の記者会見で、閣議前に法相から週刊誌報道について説明があったことを明らかにした。

「必要ならしっかり説明責任を果たすことだ」と指摘。辞任の必要性に関しては、「そのこととは何の関係もない」と語った。

田中慶秋氏を巡っては、自らの政治団体が外国人の経営する会社から献金を受けていたことが4日に判明。

                                              

                                 

               

|

« 李明博氏、砲撃事件の延坪島視察  北方限界線/NLL | トップページ | 週刊朝日、佐野真一「ハシシタ 奴の本性」連載中止 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/55924134

この記事へのトラックバック一覧です: 田中慶秋法相、辞任か  閣議を欠席 献金・暴力団問題:

« 李明博氏、砲撃事件の延坪島視察  北方限界線/NLL | トップページ | 週刊朝日、佐野真一「ハシシタ 奴の本性」連載中止 »