« 松下忠洋氏の自殺は女性スキャンダルか  時任玲子さん | トップページ | 上海で日本人暴行続発、足蹴られ麺かけられ眼鏡わられ »

尖閣問題、中国軍が言及 日清戦争時代の中国ではない

日本政府が沖縄県・尖閣諸島の国有化を11日に閣議決定したことを受け、中国国防省の耿雁生報道官は、「われわれは事態の推移をよく注視し、相応の措置を取る権利を留保する」と述べ、軍も報復措置をとる可能性を示唆した。尖閣問題について軍当局者が

Photo具体的な関与について発言するのは異例。

耿報道官は、「日本はさまざまな口実を使って軍拡をして、釣魚島(尖閣諸島)問題でいざこざを起こしてきた」と指摘。
「中国の政府と軍隊の領土・主権を守る決意と意思は固く揺るぎない」と訴えた。

11日付の軍機関紙・解放軍報は国有化は、「第2次大戦後、中国の主権に対する最も露骨な挑戦」と批判。
「今の中国は甲午戦争(日清戦争)や日本による対中侵略戦争時代の中国ではない」と牽制した。軍の一部には、尖閣付近の海域での軍事演習の実施などを求める声がある。

自民党総裁選に絡んで、「平成の明智光秀」と称賛されている石原伸晃幹事長は、
11日夜のテレビ朝日番組で、政府の沖縄県・尖閣諸島の国有化に関連し、領有権

を主張する中国側が、「攻め込んでくるのでは」と問われ、
「攻めてこない。誰も住んでいないんだから」と断言した。

国家主権に関わる領土問題について認識の甘さを露呈した格好だ。

                                              

                                  

                

                                                    

|

« 松下忠洋氏の自殺は女性スキャンダルか  時任玲子さん | トップページ | 上海で日本人暴行続発、足蹴られ麺かけられ眼鏡わられ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/55637634

この記事へのトラックバック一覧です: 尖閣問題、中国軍が言及 日清戦争時代の中国ではない:

« 松下忠洋氏の自殺は女性スキャンダルか  時任玲子さん | トップページ | 上海で日本人暴行続発、足蹴られ麺かけられ眼鏡わられ »