« 潮田玲子、バドミントン人生にお別れ キャスターへ転身か | トップページ | アウン・サン・スー・チー氏、中国は利潤追求だけが目的 »

ムハンマド侮辱映画制作者殺害に賞金10万㌦ アルカイダも参加を

米国で制作されたイスラム教の預言者ムハンマドを侮辱する映画をめぐり、パキスタンのビロウル鉄道相は22日、映画の制作者を殺害した者に10万㌦(約780万円)の賞金を与えると述べた。ビロウル氏は、アフガニスタンの反政府勢タリバンや国際テロ組織

Photoアルカイダもこの「崇高な行為」に参加するよう呼び掛けた。

さらに、「制作者を私に引き渡してくれるなら、この手で殺したい」とも語った。ビロウル氏の発言に対して、パキスタン政府はあくまでも個人的な発言だと強調し、政府の立場ではないと釈明している。

パキスタンでは、アメリカで制作された映像に抗議するデモが連日行われ、21日には各地でデモの参加者と警察が衝突し、合わせて20人以上が死亡している。

鉄道相の発言は、来年行われる総選挙に向けて反米感情が高まる国民の間で支持を広げるための政治的なパフォーマンスとみられているが、
殺人を奨励する現職閣僚の発言に非難の声が出ていて、波紋を呼んでいる。

                                              

                                  

                                                    

|

« 潮田玲子、バドミントン人生にお別れ キャスターへ転身か | トップページ | アウン・サン・スー・チー氏、中国は利潤追求だけが目的 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/55724928

この記事へのトラックバック一覧です: ムハンマド侮辱映画制作者殺害に賞金10万㌦ アルカイダも参加を:

« 潮田玲子、バドミントン人生にお別れ キャスターへ転身か | トップページ | アウン・サン・スー・チー氏、中国は利潤追求だけが目的 »