« アウン・サン・スー・チー氏、中国は利潤追求だけが目的 | トップページ | 丸岡いずみアナ、有村昆氏と結婚していた コメント »

中国初の空母、ワリャーグを海軍に引渡し 大連港で式典

中国紙「環球時報」系のニュースサイト「環球ネット」は23日、遼寧省の大連港で改修を受けながら試験航行を続けてきた中国初の空母、ワリャーグを海軍に引き渡す式典が23日に行われたと報じた。ワリャーグは近く出航し、配備先に到着した後に就役式を行う。

Photo式典は約1時間20分にわたって行われ、マストには国旗/五星紅旗、艦首に軍旗、艦尾に海軍旗を掲揚。

船体前方には今月初め、船体番号の「16」という数字が書き込まれたことが明らかになっている。

2桁の数字は訓練艦に限られており、国防当局がこれまで説明してきたように研究・訓練用として就役するとみられている。

配備先としては北海艦隊(山東省青島)との見方も出ているが、「北京青年報」は海軍軍事学術研究所の李傑研究員の話として、「戦略的な兵器であり、海軍直属になる」と伝えている。

満載排水量約6万7千㌧。全長約305m。戦闘機は約40機搭載可能。ソ連崩壊後の92年、資金不足などのため約7割完成した段階で建造中止。98年にマカオの企業がカジノに利用するとして購入、中国にわたった。その後、経緯は不明ながら02年に大連港に到着。

05年ごろ、人民解放軍系の大連船舶重工業が空母として使用するために改修していることが判明。昨年8月10日以降、試験航行を重ねていた。

                                              

                                  

                                                    

|

« アウン・サン・スー・チー氏、中国は利潤追求だけが目的 | トップページ | 丸岡いずみアナ、有村昆氏と結婚していた コメント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/55734425

この記事へのトラックバック一覧です: 中国初の空母、ワリャーグを海軍に引渡し 大連港で式典:

« アウン・サン・スー・チー氏、中国は利潤追求だけが目的 | トップページ | 丸岡いずみアナ、有村昆氏と結婚していた コメント »