« 革新的エネルギー・環境戦略、30年代の原発ゼロ社会へ | トップページ | 西宮伸一駐中国大使、死去  政府、後任人事急ぐ »

中国、国連に「新海図」提出 尖閣周辺海域を「領海」

中国政府が尖閣諸島の周辺海域を「領海」と主張する新たな海図を国連に提出したことを受け、野田佳彦首相は15日、今月下旬にニューヨークで開かれる国連総会の一般討論演説で、海洋における「法の支配」の重要性を訴える方針を固めた。政府は尖閣について、

Photo_3「領土問題は存在しない」との立場だが、中国の主張に対抗する必要があると判断。外務省の河相周夫事務次官は、中国の程永華駐日大使に提出した海図の撤回を求めた。

一方、中国国内の反日デモ拡大や中国の海洋監視船による沖縄県の尖閣諸島周辺での領海侵犯を受け、玄葉光一郎外相は15日、幹部と協議し、邦人の安全確保に万全を期すよう指示。政府は今後もデモなど中国側の反発がエスカレートする可能性があるとみて警戒を強める方針だ。

玄葉氏は15日朝、出張先のオーストラリアから予定を早めて帰国。河相氏や杉山晋輔アジア大洋州局長らの報告を受けた。出席者は、18日が満州事変の発端となった1931年の柳条湖事件から81年に当たり、反日ムードが激化する可能性を指摘。

16日正午に中国側が設定した尖閣諸島周辺海域の禁漁期間が終了することもあり、漁船の領海侵犯にも警戒を強めることを確認した。日本大使館は15日も中国政府公安当局と頻繁に接触。大使館周辺の警備や在留邦人保護に万全を期すよう求めた。

                                              

                                  

                

                                                    

|

« 革新的エネルギー・環境戦略、30年代の原発ゼロ社会へ | トップページ | 西宮伸一駐中国大使、死去  政府、後任人事急ぐ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/55667250

この記事へのトラックバック一覧です: 中国、国連に「新海図」提出 尖閣周辺海域を「領海」:

» 怖すぎ! 西宮伸一・中国大使の死去 [世事熟視〜コソダチP]
13日朝、渋谷区の路上で意識がない状態で倒れているところを発見され、病院に搬送された西宮伸一・中国大使(60)が東京都内の病院で死去・・・。 海外ドラマや映画で、エージェントが心筋梗塞で自然死したように見える毒物を瞬時に注射して要人を消したりするじゃないですか・・。 その手の『スパイ映画』なんかのイメージと、大使が『意識がない状態で倒れていた』という状況が妙に頭の中で被っちゃうから恐ろしい。 −◆− 時同じくして、中国本土では暴徒がトヨタやパナソニックなどの日系企業を襲撃して建物が全... [続きを読む]

受信: 2012/09/16 17:25

« 革新的エネルギー・環境戦略、30年代の原発ゼロ社会へ | トップページ | 西宮伸一駐中国大使、死去  政府、後任人事急ぐ »