« 岡山県、宮間あや&福元美穂に県民栄誉賞と県スポーツ特別顕賞 | トップページ | 村田諒太、ボクシング男子ミドル級で金 東京五輪以来48年ぶり »

2012/08/11

バレー女子、韓国破り28年ぶり銅メダル ロンドン五輪

ロンドン五輪女子バレーの3位決定戦が行われ、世界ランク5位の日本は同15位の韓国と対戦。セットカウント3-0で勝ち、84年ロサンゼルス五輪以来28年ぶり銅メダルを獲得した。第1セット、日本は4連続ポイントと絶好の立ち上がり。

Photo_4一時、韓国に逆転を許しながらも競り合いを制して25-22で奪うと、第2セットも5連続ポイントと好スタート。その後もリードを守り、先にセットポイントを迎えたながら韓国の粘りに24-24と追いつかれてしまったが、そこから2ポイント連取し、26-24。

第3セットは序盤から点の奪い合いとなり、一進一退。日本は21-20から3連続ポイントでマッチポイントを握ると、24-22から最後は迫田さおり(東レ)のスパイクが相手のブロックに当たってアウトとなり、25-22。ついに悲願のメダルを決めた。

韓国は76年モントリオール大会の銅以来のメダルはならなかった。09年以来の対戦成績をみると、この対戦までは日本の12勝1敗。唯一の黒星は今年5月のロンドン五輪世界最終予選だった。
Photo_5日本は9日の準決勝で北京五輪金メダルのブラジルに敗れたが、ライバル韓国との一戦でお家芸復活を果たした。

「みんな3年間やってきたことをやろうと、よくやってくれた。選手には厳しい練習だったと思う。良かったです」真鍋政義監督

「私たちが絶対に勝つという思いでコートに立っていた。ひとつひとつがしびれるゲームでした」竹下佳江

「韓国にリベンジできて良かった。オリンピックで銅メダルは本当にうれしい。韓国は強いイメージがあったが、自分たちの方が積み重ねてきたものが多いと思って頑張った」木村沙織

「先発を聞いた時は正直不安だったが、自分の役割を果たして思い切り頑張ろうと思った」迫田さおり

                                              

                                  

|

« 岡山県、宮間あや&福元美穂に県民栄誉賞と県スポーツ特別顕賞 | トップページ | 村田諒太、ボクシング男子ミドル級で金 東京五輪以来48年ぶり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バレー女子、韓国破り28年ぶり銅メダル ロンドン五輪:

» <ロンドン五輪>ボクシング村田金、女子バレー銅 [ぼけ〜〜〜っと人生充電記!]
村田諒太、ボクシング48年ぶり金メダル獲得!  ロンドン五輪第16日(11日)男子ボクシング・ミドル級決勝。昨年の世界選手権銀メダリスト・村田諒太はエスキバ・ファルカンを14−13での判定で破り、ボクシングでは1964年東京五輪の桜井孝雄(バンタム級)以...... [続きを読む]

受信: 2012/08/12 10:02

» 『五輪女子バレー』やった銅メダル〜迫田祭りだ [世事熟視〜コソダチP]
ロンドン五輪バレーボール女子3位決定戦(2012年8月11日) 日本 3-0 韓国 [ 25-22 ] [ 26-24 ] [ 25-21 ] 五輪出場を最終予選でギリギリ決めたときには、メダルなんて無理だろうと思っていました。 期待もせずにゴメンナサイ!! 本当にすごいなぁ。 −◆− 第1セット。 江畑ではなく迫田さおりを先発起用。 序盤はこの選手起用が当たりました。 真鍋采配恐るべし!! 第1セットは得点差以上に余裕を感じられました。 −◆− 第2... [続きを読む]

受信: 2012/08/12 12:23

« 岡山県、宮間あや&福元美穂に県民栄誉賞と県スポーツ特別顕賞 | トップページ | 村田諒太、ボクシング男子ミドル級で金 東京五輪以来48年ぶり »