« 明石家さんま暴露、桂文枝/三枝と西川きよしは不仲だった | トップページ | なでしこジャパン、白星発進 2-1でカナダ下す ロンドン五輪 »

中国、三沙諸島に市長と権力機構 ベトナムとフィリピン反発

中国、ベトナム、フィリピンなどが領有を巡って争っている南シナ海の南沙(スプラトリー)、西沙(パラセル)、中沙の3諸島の弁事処(事務所)を格上げした中国海南省三沙市の人民代表大会が24日、西沙諸島の永興島で開催され、市長(肖傑・海南省農業庁長)

Photo_6のほか、政府や検察庁、裁判所などの人事も決めた。新華社電が伝えた。

国務院(中央政府)が、6月21日に三沙市の設立を承認して、わずか1カ月余りで議会・行政・軍などの権力機構が完成した。

24日付の中国紙・環球時報は、「三沙市は中国海洋主権を維持するという特殊な機能を担う」との見方を示した。

南シナ海で中国との領有権争いを抱えるフィリピンやベトナムは、反発を強めている。

                                              

                                  

                                                    

|

« 明石家さんま暴露、桂文枝/三枝と西川きよしは不仲だった | トップページ | なでしこジャパン、白星発進 2-1でカナダ下す ロンドン五輪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/55272692

この記事へのトラックバック一覧です: 中国、三沙諸島に市長と権力機構 ベトナムとフィリピン反発:

« 明石家さんま暴露、桂文枝/三枝と西川きよしは不仲だった | トップページ | なでしこジャパン、白星発進 2-1でカナダ下す ロンドン五輪 »