« 九州北部豪雨、死者26人 不明6人 福岡・熊本・大分3県 | トップページ | 芥川賞は、鹿島田真希さんの「冥土めぐり」 »

桂三枝、桂文枝襲名披露前に桑名正博を見舞う

上方落語協会会長の桂三枝が69回目の誕生日を迎えた16日、大阪・なんばグランド花月で、六代・桂文枝を襲名した。文枝は上方で桂を名乗るすべての落語家のルーツとされる大名跡。三枝の師匠、五代目文枝の死去から7年ぶりに復活した。

Photo襲名披露公演では、自身228作目となる創作ネタ、「さよならサニー」を初披露した。

また文枝は上方落語の大名跡襲名披露を約6時間後に控え、脳幹出血で倒れ、大阪市内の病院に救急搬送された歌手桑名正博58を見舞った。桑名は、入院から一夜明けた16日も意識不明の状態が続いている。

95年1月の阪神・淡路大震災の後、被災者を励ますため兵庫県内各地で寄席を開催し、ボランティア活動をしていた桑名と意気投合した。
襲名に向けたイベントやリハーサルなどが続き、ハードスケジュールの合間の訪問となったが、「奇跡が起こることを信じて、お祈りしております。目を覚ましてほしい。意識を取り戻していただけたら」と話した。

六代・桂文枝 本名・河村静也 1943年7月16日、大阪府堺市生まれ。69歳。

66年、関西大学在学中に桂小文枝(五代目文枝)に入門、三枝と名付けられる。毎日ラジオ「歌え!MBSヤングタウン」、毎日テレビ「ヤングおー!おー!」などで人気者に。03年、上方落語協会会長に就任し、現在6期目。06年に上方落語界60年ぶりの定席、「天満天神繁昌亭」を開設し、紫綬褒章を受章した。真由美夫人との間に1男1女。

                                              

                                                    

                                  

                

|

« 九州北部豪雨、死者26人 不明6人 福岡・熊本・大分3県 | トップページ | 芥川賞は、鹿島田真希さんの「冥土めぐり」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/55215960

この記事へのトラックバック一覧です: 桂三枝、桂文枝襲名披露前に桑名正博を見舞う:

« 九州北部豪雨、死者26人 不明6人 福岡・熊本・大分3県 | トップページ | 芥川賞は、鹿島田真希さんの「冥土めぐり」 »