« 平井理央アナ、蜜谷浩弥ディレクターと結婚 フジテレビ | トップページ | 「八重の桜」新キャストに芦名星・反町隆史・生瀬勝久・吉川晃司ら »

橋下徹氏、北新地クラブホステスと不倫認める 週刊文春

大阪市の橋下徹市長43は18、19日発売の「週刊文春」に元愛人とされる女性の独占告白が掲載されることを受けて市庁舎で会見した。かつては報道をめぐり「バカ文春」とののしったが、今回は「バカは付けられない」と敗北宣言。女性から指摘された

Photoコスプレ好きについては認めた上で、「娘に制服を着ろと言えなくなった」と自虐的に語った。「妻は記事を見ています。正直大変な状況です。もう本当に」。

橋下節は炸裂せず汗をかきながら説明した。

橋下氏を窮地に立たせたのは、「大阪の元愛人だけが知っている 橋下徹市長はスチュワーデス姿の私を抱いた」 との見出しを掲げた週刊文春の報道。

橋下氏が茶髪タレント弁護士時代の06年。
不倫関係にあったという当時20代後半で大阪・北新地の高級クラブホステスの告白記事だ。

退庁前に廊下で行う通常の会見後、10歩ほど移動して会見。最初に否定か肯定かを突きつけられると、「今回は週刊文春にバカはちょっと付けられない」と白旗をあげた。

「事実と事実でない部分がある」としたうえで、「知事になる前までは、聖人君子のような生き方をしていたわけではない」と弁明。「公人になる前でも、僕自身の人間性を判断する要素として報じられてしまうのは仕方がない」と開き直った。

橋下徹 69年6月29日、東京生まれ。小5で大阪に転居。

北野高、早稲田大学政経学部を経て94年司法試験合格。98年に橋下総合法律事務所を開設。03年には日本テレビ系「行列のできる法律相談所」に出演し、
茶髪でジーンズ姿の異色弁護士兼タレントとして活動、一時期7本のレギュラー。

08年1月、大阪府知事に当選。10年に地域政党「大阪維新の会」を設立。11年1月には大阪市長選へ鞍替え出馬して圧勝当選。家族は高校の同級生だった夫人との間に3男4女。173cm、71kg。座右の銘は「なせば成る」。

                                              

                                  

                

|

« 平井理央アナ、蜜谷浩弥ディレクターと結婚 フジテレビ | トップページ | 「八重の桜」新キャストに芦名星・反町隆史・生瀬勝久・吉川晃司ら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/55230462

この記事へのトラックバック一覧です: 橋下徹氏、北新地クラブホステスと不倫認める 週刊文春:

« 平井理央アナ、蜜谷浩弥ディレクターと結婚 フジテレビ | トップページ | 「八重の桜」新キャストに芦名星・反町隆史・生瀬勝久・吉川晃司ら »