« 那智の滝で岩登り 世界遺産のご神体 佐藤裕介氏ら | トップページ | 桂三枝、桂文枝襲名披露前に桑名正博を見舞う »

九州北部豪雨、死者26人 不明6人 福岡・熊本・大分3県

九州の豪雨は15日、小康状態となった。福岡、熊本、大分3県で新たに4人の死亡が確認され、豪雨による死者は26人、行方不明者は6人になった。14日に一時、九州4県で36万人に避難指示・勧告が出されていたが、15日午後9時までに対象は約4万人まで減った。

Photo_2一方、山間部を中心に道路が寸断され、15日夜現在で福岡、大分、熊本3県で約25集落約600人が孤立状態。
15日は梅雨前線の活動が弱まり、雨雲も北東へ移動。気象庁は豪雨について「峠を越した」と発表した。
各地で青空がのぞき、気温も上昇。大分県中津市では全国トップの36.1度を記録した。

各地で行方不明者の捜索が続いた。1日の豪雨で行方がわからなくなった大分県竹田市の堀正勝さん80の遺体が15日、約70km下流の大分市の川岸で見つかった。熊本県阿蘇市でも12日の土砂崩れに巻き込まれた田中八千代さん73が遺体で発見された。

Photo_3福岡県では八女市黒木町で14日の土砂崩れにあった農業松本勝利さん70の死亡が確認された。柳川市三橋町の農業用水路では15日、転落した乗用車のそばで、みやま市瀬高町の川龍正幸さん28が亡くなっていた。
八女市は14日夜、星野川にせき止め湖ができたとして下流域一帯に避難指示を出していたが、崩れる危険がなくなったとして15日朝に解除。

気象庁によると、15日夜から梅雨前線が再び南下し、16日にかけて局地的に雷を伴った激しい雨の降るおそれがある。

土砂災害への警戒を呼びかけている。

気象庁は11~14日の大雨を、平成24年7月九州北部豪雨と命名した。甚大な被害のあった豪雨に名前を付けており、昨年7月の、新潟・福島豪雨に次いで14例目。

 

                                              

                                  

                

|

« 那智の滝で岩登り 世界遺産のご神体 佐藤裕介氏ら | トップページ | 桂三枝、桂文枝襲名披露前に桑名正博を見舞う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/55202902

この記事へのトラックバック一覧です: 九州北部豪雨、死者26人 不明6人 福岡・熊本・大分3県:

« 那智の滝で岩登り 世界遺産のご神体 佐藤裕介氏ら | トップページ | 桂三枝、桂文枝襲名披露前に桑名正博を見舞う »