« MV22オスプレイ、本土でも低空飛行訓練計画 東北~九州 | トップページ | 巨人軍、週刊文春の「原辰徳監督が元組員に1億円」に反論会見 »

和子夫人、小沢一郎は放射能が怖くて逃げた!!文春に離縁状公開

『週刊文春』(6/21号)の、「小沢一郎 妻からの『離縁状』全文公開」、サブタイトルが「『愛人』『隠し子』も綴られた便箋11枚の衝撃」。 手紙は昨年11月、和子夫人が地元岩手の支援者10人近くに送ったもので、ジャーナリストの松田賢弥氏がコピーを入手した。

Photo_2「実は小沢は放射能が怖くて秘書と一緒に逃げだしました。岩手で長年お世話になった方々が一番苦しい時に見捨てて逃げだした小沢を見て、

岩手や日本の為になる人間ではないとわかり離婚いたしました。為になるどころか害になることが、はっきり分かりました」

具体的には、「東京の水道は汚染されているので料理は買った水でやれ」

「食料の備蓄はあるから、塩を買い占めろ」などと言って、鍵をかけて家に閉じこもり、ついには旅行カバンを持ってどこかへ逃げだしました。

和子夫人は、「国民の生命を守るべき国会議員が国民を見捨てて放射能怖さに逃げた」と呆れたという。

   

被災地の福島県選出である自民党の森まさこ参院議員は『週刊文春』を一読して、「真実なら、国民として、福島県民として、小沢氏を許すことはできない」と思ったという。

確かに、小沢氏も被災地・岩手選出の国会議員だが、なかなか被災地入りしなかったことが話題になったことがあった。

                                  

                                              

                


   >小沢和子さん、民主党に波紋広げる 中間派、国民に不信感


|

« MV22オスプレイ、本土でも低空飛行訓練計画 東北~九州 | トップページ | 巨人軍、週刊文春の「原辰徳監督が元組員に1億円」に反論会見 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/55003055

この記事へのトラックバック一覧です: 和子夫人、小沢一郎は放射能が怖くて逃げた!!文春に離縁状公開:

« MV22オスプレイ、本土でも低空飛行訓練計画 東北~九州 | トップページ | 巨人軍、週刊文春の「原辰徳監督が元組員に1億円」に反論会見 »