« 野田佳彦首相とオバマ大統領、同盟強化を目指す共同声明発表 | トップページ | 山路徹氏、不倫と二股は似て非なるもの  『園山』閉店 »

20~50代の4人に1人、本気で自殺考えた 女>男 内閣府調査

内閣府は2日、自殺対策に関する意識調査の結果を発表した。全体の23.4%が、「本気で自殺したいと思ったことがある」と回答。前回2008年2月調査に比べて4.3ポイント増えた。年代別では20歳代が28.4%と最も高く、前回比3.8ポイント増だった。

Photo内閣府自殺対策推進室は、「周囲とのつながりが希薄な若者に焦点を当てた対策を講じる必要がある」としている。

調査は1月中下旬、全国の20歳以上の男女3000人を対象に実施。有効回収率は67.2%。

自殺したいと思ったことがあると答えた人を年代別に見ると、20歳代に次いで高かったのが40歳代の27.3%。続いて50歳代25.7%、30歳代25.0%、60歳代20.4%、70歳代以上15.7%の順だった。50歳代以下では4人に1人以上が自殺を考えたことになる。

年代別では、40歳代の27.3%、50歳代の25.7%、30歳代の25.0%と続いた。すべての年代で女性が男性を上回っている。自殺を考えたことがある人のうち、「最近1年以内」と答えた人も、20歳代の36.2%が最多だった。20歳代女性に限定すると44.4%に上った。

悩みを打ち明ける相談相手が、「いる」としたのは、女性94.7%に対し、男性90.3%。性別と年代別を組み合わせて見ると、20歳代男性が最も低く87.6%だった。

また、自殺を考えたことがある人のうち、「最近1年以内」に考えたと答えた人も、20歳代の36.2%が最多だった。20歳代女性に限定すると44.4%に上った。

|

« 野田佳彦首相とオバマ大統領、同盟強化を目指す共同声明発表 | トップページ | 山路徹氏、不倫と二股は似て非なるもの  『園山』閉店 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/54611726

この記事へのトラックバック一覧です: 20~50代の4人に1人、本気で自殺考えた 女>男 内閣府調査:

» 20代の3割弱「自殺考えた」=内閣府調査 [ヤフコメログ - Yahoo!ニュースコメント]
 内閣府は2日、自殺対策に関する意識調査の結果を発表した。全体の23.4%が「自殺したいと思ったことがある」と回答。前回2008年2月調査に比べて4.3ポイント増えた。年代別では20歳代が28.4%と最も高く、...... [続きを読む]

受信: 2012/05/02 12:18

« 野田佳彦首相とオバマ大統領、同盟強化を目指す共同声明発表 | トップページ | 山路徹氏、不倫と二股は似て非なるもの  『園山』閉店 »