« 厚労省、民主党にAIJに委託の36企業年金を公表 | トップページ | 八日目の蝉10冠!!井上真央、最優秀主演女優 日本アカデミー賞 »

MOA美術館、尾形光琳の国宝『紅白梅図屏風』仙台で公開

江戸時代に活躍した絵師尾形光琳(1658~1716)の代表作として知られる「紅白梅図屏風」(国宝)が、東日本大震災の被災地支援のため、所蔵するMOA美術館(静岡県熱海市)から初めて館外に貸し出されることになった。

Photo仙台市博物館で3月6日から公開される。

紅白梅図屏風」は二本の梅と水の流れを描いた二曲一双の傑作で、背景に金箔を、川の部分には銀箔をはっているという研究結果が発表されている。

もともとは青森県の津軽家に伝来した。

MOA美術館では、同館の創立以来30年、門外不出としてきたが、「鑑賞してもらうことで、被災地の人の心を癒やせれば」と今回の展示が決まった。

                                              

                                

|

« 厚労省、民主党にAIJに委託の36企業年金を公表 | トップページ | 八日目の蝉10冠!!井上真央、最優秀主演女優 日本アカデミー賞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/54122990

この記事へのトラックバック一覧です: MOA美術館、尾形光琳の国宝『紅白梅図屏風』仙台で公開:

« 厚労省、民主党にAIJに委託の36企業年金を公表 | トップページ | 八日目の蝉10冠!!井上真央、最優秀主演女優 日本アカデミー賞 »