« 海底トンネルに海水、作業員5人が行方不明  岡山・倉敷 | トップページ | 新潟県佐渡市で震度5強の地震 柏崎刈羽原発異常なし »

乃木希典、佐藤正へ自責の直筆手紙 戦死者多数「申し訳ない」

日露戦争の司令官として知られる陸軍大将、乃木希典(1849~1912)が自刃する2年前に、かつての部下で広島市の修道中総理(理事長)だった佐藤正に宛てた直筆の手紙を、修道学園同窓会連合会が入手。8日、修道学園に寄贈した。

Photo毛筆で書かれた手紙は長さ146.5cm、幅18.5cm。1910(明治43)年7月6日の消印がある。
宛名は、「修道中学校々主 佐藤少将殿」。当時、学習院院長を務めていた乃木が、第3代広島市長で同中総理の佐藤正に送った。

広島の名産品を贈られたお礼に続き、西南戦争で軍旗を失ったことと、日清・日露戦争で多くの兵士を亡くしたことについて、天皇陛下や戦死者の遺族に申し訳ないと記す。

Photo_2日露戦争で息子2人を亡くした乃木に養子を迎えるよう勧めた佐藤の気遣いに、乃木家の断絶もやむを得ないとの覚悟を伝えている。佐藤は乃木と同い年。日清戦争では乃木が率いる旅団が苦戦した際、応援に駆け付けたという。

同じ教育者の立場になって届いた手紙には、乃木の素直な心情がつづられ佐藤との親密な関係がうかがえる。


                                              


                                

|

« 海底トンネルに海水、作業員5人が行方不明  岡山・倉敷 | トップページ | 新潟県佐渡市で震度5強の地震 柏崎刈羽原発異常なし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/53934311

この記事へのトラックバック一覧です: 乃木希典、佐藤正へ自責の直筆手紙 戦死者多数「申し訳ない」:

« 海底トンネルに海水、作業員5人が行方不明  岡山・倉敷 | トップページ | 新潟県佐渡市で震度5強の地震 柏崎刈羽原発異常なし »