« 斎藤明美元オウム真理教出家信者、平田信容疑者と一緒だった | トップページ | 第23回日本ジュエリーベストドレッサー賞 武井咲 大島優子ら »

東海地震の発生確率、87%→88%に 政府地震調査委員会

政府の地震調査委員会は11日、発生が予想される主な地震について、1月1日現在で見直した発生確率を公表した。菅直人前首相が中部電力浜岡原発の停止要請の根拠にした30年以内に東海地震が起こる確率の87%は、88%に更新された。

Photo_2発生確率は前回の地震からの時間経過とともに少しずつ上がり、毎年再計算されている。

委員長の阿部勝征東京大名誉教授は、
「確率が少し変わっても一喜一憂の必要はないが、地震が起きていない時こそ防災について考えてほしい」と話した。

東南海地震の30年以内の確率は、70%程度で従来と同じ。

南海地震も30年以内は、60%程度で変わらない。

千島海溝沿いの地震の30年以内の確率は、十勝沖が0.3~2%から0.5~3%、根室沖が40~50%から50%程度。択捉島沖が60%程度から、60~70%に上がった。


                                              

                                

|

« 斎藤明美元オウム真理教出家信者、平田信容疑者と一緒だった | トップページ | 第23回日本ジュエリーベストドレッサー賞 武井咲 大島優子ら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/53713589

この記事へのトラックバック一覧です: 東海地震の発生確率、87%→88%に 政府地震調査委員会:

« 斎藤明美元オウム真理教出家信者、平田信容疑者と一緒だった | トップページ | 第23回日本ジュエリーベストドレッサー賞 武井咲 大島優子ら »