« 第62回NHK紅白歌合戦 曲目発表 テーマ/あしたを歌おう。 | トップページ | 高橋大輔、総合優勝 小塚崇彦2 羽生結弦3 全日本選手権 »

長崎に潜伏キリシタン墓碑 禁教令下も残存 国内初

長崎市多以良町の山腹にある墓地に、禁教時代の17世紀半ばから後半にかけて建てられた潜伏キリシタンの墓碑があることが、分かった。長崎歴史文化博物館の研究員らでつくる、「外海キリシタン研究会」が23日、明らかにした。

Photo江戸幕府の禁教令下に建てられ、破壊されずに残った墓碑が確認されるのは国内で初めてという。

墓地にあるキリシタン墓碑64基のうち、17世紀に建てられたとみられるのは長墓と呼ばれる2、3基。

先端部近くに十字架に見立てた石柱が建てられており、初期キリシタン墓に特徴的な形だという。
前後の安土桃山、明治時代のものと形態が近いが、十字架が書かれていないことなどから、禁教時代のものと判断した。 

|

« 第62回NHK紅白歌合戦 曲目発表 テーマ/あしたを歌おう。 | トップページ | 高橋大輔、総合優勝 小塚崇彦2 羽生結弦3 全日本選手権 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/53552125

この記事へのトラックバック一覧です: 長崎に潜伏キリシタン墓碑 禁教令下も残存 国内初:

« 第62回NHK紅白歌合戦 曲目発表 テーマ/あしたを歌おう。 | トップページ | 高橋大輔、総合優勝 小塚崇彦2 羽生結弦3 全日本選手権 »