« 田中将大投手、人身事故 56歳女性の腰骨にひび 仙台 | トップページ | 金正日氏、死去 難民流出や北東アジア安保など重大局面か »

従軍慰安婦は平行線 李明博氏「障害」 野田佳彦氏「決着済み」

野田佳彦首相は18日、京都迎賓館で韓国の李明博大統領と約1時間会談した。大統領は旧日本軍の従軍慰安婦問題について、両国関係の障害と指摘。「優先的に解決する真摯な勇気を持たなければならない」と、政府間協議を迫った。

Photo_2首相は、「わが国の法的立場は決まっている。決着済みだ」と議論は平行線。未来志向の関係構築に努めることでは一致。李氏が首脳会談で、元慰安婦の請求権問題に言及したのは初めて。

政府は、1965年の日韓基本条約に伴う協定で、慰安婦問題は決着済みとの立場。ただ、村山内閣は95年に財団法人、女性のためのアジア平和国民基金を設立、元慰安婦への「償い金」支払いなどに当たっていた。

首相はこうした経緯を念頭に、「これからも人道的見地から知恵を絞っていきたい」と理解を求めた。

首相は、ソウルの日本大使館前に元慰安婦を象徴する少女像が設置されたことに言及し、「誠に残念だ」として早期撤去を要請したが、大統領は、「日本政府がもう少し(慰安婦問題に)関心を示せば起こらなかった。誠意ある措置がなければ第2、第3の像が建つ」との考えを示した。

首相は、竹島(独島)の領有権問題を念頭に、「日本が提起している困難な問題がある」と指摘。一方、「日韓関係に悪影響を及ぼさないよう、大局的見地から努力したい」と未来志向の関係構築に意欲を示し、大統領も同意した。


                                              

|

« 田中将大投手、人身事故 56歳女性の腰骨にひび 仙台 | トップページ | 金正日氏、死去 難民流出や北東アジア安保など重大局面か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/53513830

この記事へのトラックバック一覧です: 従軍慰安婦は平行線 李明博氏「障害」 野田佳彦氏「決着済み」:

« 田中将大投手、人身事故 56歳女性の腰骨にひび 仙台 | トップページ | 金正日氏、死去 難民流出や北東アジア安保など重大局面か »