« 西口宗宏、田村武子さん&尾崎宗秀さんの殺害を認める | トップページ | 田中将大投手、人身事故 56歳女性の腰骨にひび 仙台 »

万葉集の磐余池か 堤や建物跡を発見 奈良・橿原

○ももづたふ 磐余の池に鳴く鴨を 今日のみ見てや 雲隠りなむ  大津皇子

日本書紀や万葉集に登場するも所在が確定しない磐余いわれの一部であることが有力視される6世紀後半の堤跡が奈良県橿原市東池尻町で見つかり、市教育委員会が15日、発表した。堤跡の上に大型建物跡も見つかり、池のほとりにあったと

Photo_2日本書紀に記される聖徳太子の父用明天皇の磐余池辺双槻宮いけのべのなみつきのみやの施設とみる研究者もいる。市教委は来年以降も周辺の調査を進める。

川の流れをせき止めたダム式人工池の堤とみられ、同形式の池では国内最古。

幅20~55mで東西約300mにわたって延びる尾根の東端81m分が盛り土などで整形されているのが見つかった。尾根全体が川をせき止める堤(高さ3~4m)を構成していたとみている。池の推定面積は約8万7500㎡。

堤は建物跡や周囲で見つかった土器などと同じ6世紀に造られたとみられ、ダム式人工池の最古とされてきた大阪狭山市の狭山池(7世紀前半)より古い。

また、建物跡は複数あり、南北17.5m以上、東西4m以上の6世紀後半の建物が最も大きいが、柱は直径20cmと細かった。

                                              

|

« 西口宗宏、田村武子さん&尾崎宗秀さんの殺害を認める | トップページ | 田中将大投手、人身事故 56歳女性の腰骨にひび 仙台 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/53493058

この記事へのトラックバック一覧です: 万葉集の磐余池か 堤や建物跡を発見 奈良・橿原:

« 西口宗宏、田村武子さん&尾崎宗秀さんの殺害を認める | トップページ | 田中将大投手、人身事故 56歳女性の腰骨にひび 仙台 »