« 宮崎あおい、高岡蒼佑と離婚 | トップページ | ひろしま清盛 ヘッドマーク 山陽本線:下関~三石 呉線 可部線 »

AKB48、悲願の日本レコード大賞に輝く

第53回日本レコード大賞が30日、新国立劇場で発表され、AKB48のヒット曲「フライングゲット」が大賞を受賞した。秋葉原から誕生したアイドルグループは、結成から6年で日本音楽史にその名を残すメジャーグループに成長した。

48受賞決定のアナウンスの声を聞き、メンバー21人は客席で泣き崩れた。両手で顔を覆って泣き顔を隠した。

メンバーは、拍手と歓声に後押しされながらステージに向かった。高橋みなみ前田敦子は先頭に立ち、抱き合いながら登壇。大島優子は涙をこぼし、顔をくしゃくしゃにしながらステージに上がった。

前田敦子は声がかすれて「え~っ」としか言葉が出ない。気持ちを落ち着かせ、「すべての人に感謝します」と上ずった声で気持ちを表現した。

高橋みなみは昨年流した悔し涙を思い出した。昨年は大賞本命とも言われたが、受賞を逃した。「去年、この日から1年間頑張ってこられて良かった」。

大島優子は目を潤ませながら、「(受賞曲は)選抜総選挙で歌った曲。ファンの曲と言っても過言ではない」と声を振り絞った。

売り上げ150万枚以上の大ヒットを記録した「フライングゲット」を歌った。涙顔は笑顔に。大島は、「他かのアーティストと比べたら、私たちは劣っているかも知れない。でも自分たちのできることは笑顔でみんなを元気にすること」と話した。

今年は3連覇中のEXILEが賞レースを辞退して不参加だったとはいえ、大賞の候補となる優秀作品賞には、KARA、東方神起、氷川きよし、ファンキー・モンキー・ベイビーズ、いきものがかりなど豪華な顔ぶれが並んだ。

今年の音楽界を支えたのは間違いなくAKB48。話題性あるイベントでファン層を大きく広げた。その活躍ぶりは経済効果まで注目される社会現象に。

総合プロデューサーの秋元康氏も目を潤ませた。メンバーから次々と「感謝の気持ちを伝えたい」と言われると、「夢は叶うんだということを彼女たちが証明してくれた」と声を震わせた。記録ずくめの1年を象徴する初受賞。さらなる飛躍を予感させた。

最優秀新人賞は、Fairies/フェアリーズ。

AKB48「会いに行けるアイドル」のコンセプトで05年に発足。メンバー48人と秋葉原を示すアキバ/AKIBAからグループ名を決定。A・K・B・4の4チームで形成され、ほかに研究生がいる。秋葉原に専用劇場を持つ。

妹分として名古屋のSKE48、大阪のNMB48、博多のHKT48、インドネシア・ジャカルタのJKT48がいる。シングル曲のセンターポジションを競う選抜総選挙やじゃんけん大会などのイベントが話題になった。

                                              

                                

【優秀作品賞】

「Esperanza」 西野カナ
「GO GO サマー!」 KARA
「CALL」 AAA
「この夜を止めてよ」 JUJU
「庄内平野 風の中」 水森かおり
「情熱のマリアッチ」 氷川きよし
「それでも信じてる」 FUNKY MONKEY BABYS
「フライングゲット」 AKB48
「Why?(Keep Your Head Down)」 東方神起
「笑ってたいんだ」 いきものがかり
(作品名 50音順)

【最優秀アルバム賞】

「どーも」 小田和正

【優秀アルバム賞】

「素顔~愛すべき女たち~」 せきぐちゆき
「DISCOVER JAPAN」 鈴木雅之
「HoSoNoVa」 細野晴臣
「MUSICMAN」 桑田佳祐
(アルバム名 50音順)

【最優秀歌唱賞】

坂本冬美

【作曲賞】

若草 恵
「ふたりの船唄」 天童よしみ

【作詩賞】

山上路夫
「いくたびの櫻」 ふくい舞

【編曲賞】

渡辺俊幸
「おひさま~大切なあなたへ」 平原綾香

【新人賞】

伊藤美裕
SUPER☆GiRLS
2NE1
Fairies
(50音順)

【企画賞】

『あきらめないで』 佐野有美 
株式会社 テイチク エンタテインメント

『1969』 由紀さおり & ピンク・マルティーニ
株式会社 EMIミュージック・ジャパン

『TRIBUTE 三大作詞家トリビュートアルバム
  ~石本美由起、星野哲郎、吉岡治に捧ぐ~』 五木ひろし
株式会社ファイブズエンタテインメント

『ひばり千夜一夜』 美空ひばり
日本コロムビア株式会社

『Revive』『この花が咲いたら ~いのちの種~』 恵莉花
ユニバーサル ミュージック合同会社

(作品名 50音順)

【特別賞】

「マル・マル・モリ・モリ!」薫と友樹、たまにムック。

【功労賞】

青山和子
永 六輔
寺内タケシ
橋本 淳
畠山みどり
(50音順)

【特別功労賞】

大町正人
高見澤 宏
柳 ジョージ
竜 鉄也
(50音順)

【日本作曲家協会奨励賞】

三山ひろし

【大衆歌謡文化賞】

北島三郎

|

« 宮崎あおい、高岡蒼佑と離婚 | トップページ | ひろしま清盛 ヘッドマーク 山陽本線:下関~三石 呉線 可部線 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/53615457

この記事へのトラックバック一覧です: AKB48、悲願の日本レコード大賞に輝く:

» HKTのセンターがどう考えても大失敗なんだが… [AKBニュース速報]
1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/04/09(月) 15:27:32.24 ID:wwvhMNSWO どうすんだよ?変えずにこのまま行くのは辛いと思うんだが [続きを読む]

受信: 2012/04/14 02:04

« 宮崎あおい、高岡蒼佑と離婚 | トップページ | ひろしま清盛 ヘッドマーク 山陽本線:下関~三石 呉線 可部線 »