« 安藤美姫、今季は完全休養 ソチ五輪目指し充電 | トップページ | 藤原宮造営期の建物跡5棟見つかる 事務所? 現地説明会 »

織田信長平氏説揺らぐ 親真は清盛のひ孫ではない 忌部氏か

戦国武将、織田信長のルーツとされる福井県越前町の剱つるぎ神社付近で、信長の十数代前の先祖といわれる親真ちかざね(生没年不詳)の没年を記した墓石の銘文が確認されたと1日、町教委が発表した。親真を平清盛のひ孫とする説について、

Photo刻まれた没年と食い違うことから、信長の先祖は平氏ではなく、剱神社の神官とする説が強まったとしている。

「信長平氏説」をめぐる議論に一石を投じそうだ。

町教委によると、墓石は同神社近くの法楽寺で出土した石造物233点の一部。墓の台座とみられる破片に、喪親真阿聖霊正應三年庚刀二月十九日未尅、側面に孝子七月吉日と銘文が彫られていた。

「親真は正応3(1290)年2月19日に死去。孝行な子どもが5カ月後の7月に建造した」と読めるという。

午後1~3時を示す「未尅ひつじのこく」など詳細な表記のほか、材質が鎌倉~南北朝時代に地元でよく使われた石材に酷似し、銘文の文字配置も当時の特徴を示していることから、町教委は親真の死亡年を記載したものと断定した。

信長の家系図は20種類以上伝わっており、多くが親真を信長の先祖としているが、親真を剱神社神官の忌部いんべ氏の直系とする説と、壇の浦の戦いで死んだ平資盛すけもり(清盛の孫)の実子で、近江(滋賀県)から剱神社に養子に来たとする説とがあった。

                                             

|

« 安藤美姫、今季は完全休養 ソチ五輪目指し充電 | トップページ | 藤原宮造営期の建物跡5棟見つかる 事務所? 現地説明会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/53153774

この記事へのトラックバック一覧です: 織田信長平氏説揺らぐ 親真は清盛のひ孫ではない 忌部氏か:

» 平家物語の群像 平重衡④南都攻めの大将軍は頭中将 [吉備路残照△古代ロマン]
  平重衡出陣の図 寿永3(1184)年2月の一の谷の戦いに先立つ、治承4(1181)年の12月28日、重衡を総大将とする平家軍が、南都(奈良)の寺院に焼き討ちをかけた。 治承4年5月、以仁王が南都に逃げ込もうとしたことで分かる通り、南都は平家に敵対していた。 九条兼実は... [続きを読む]

受信: 2012/05/01 11:03

« 安藤美姫、今季は完全休養 ソチ五輪目指し充電 | トップページ | 藤原宮造営期の建物跡5棟見つかる 事務所? 現地説明会 »