« 中島尚俊JR北海道社長、仕事で迷惑かけた 書き置き | トップページ | 室戸市、世界ジオパークに 貴重な地質・地形遺産 国内5件目 »

SMAP、中国で国賓級待遇 北京で初の海外公演

16日に北京で初の海外公演を開く人気グループSMAPが15日、人民大会堂で現地メディア向けに会見。唐家璇73とう・かせん元国務委員にも対面するなど、国賓級のもてなしを受けた。親日家で元外相の唐家璇氏は、流暢な日本語でSMAPを歓迎。

In中居正広39には、「長い間、NHKの紅白歌合戦の司会でしたね。よく顔を拝見してましたよ」、木村拓哉38には、「中国ではご高名です。女の子のファンが数えきれないほどおります」と語りかけた。

SMAPの5人は唐氏の日本通ぶりに驚きながら、笑顔で握手。

会見には中国メディア約100社、計約150人が集まり、「5人は忙しい中、どうやって練習しているのか」、「中華料理は好きですか」。

草薙剛37が、「北京ダックが好き。回鍋肉が食べたい。キャベツは胃腸にいいんです」とまくし立て、司会者が首をかしげると、中居が、「SMAPで一番変わった子です」とフォローして笑わせるなど、SMAPらしい温かい雰囲気。

テーマは、加油日本!感謝中国!亜洲一家!/がんばれ日本!ありがとう中国!アジアは一つ!

昨年6月と10月に企画された上海でのコンサートが中止になっただけに、稲垣吾郎37は、「僕らにとって中国公演は夢だった。これをきっかけにアジアの心を一つに、絆を深めていきたい」。

中居も、「中国語でも歌うし、持ち歌じゃない中国の歌を歌うのも考えています」。

木村は、「もう少しで(来年)日中友好40周年。その数字がもっと増えてほしいし、僕らの活動をその前祝いにして頂けたら、すごくいいと思います」と、日中の懸け橋としての自負も語った。

昨年5月に来日、SMAPと対面した温家宝首相は、「公演は成功するに違いない」とのメッセージを寄せた。唐氏も、「震災支援の意味もあり、公演は中日文化交流史でも大きな出来事」。

                                             

|

« 中島尚俊JR北海道社長、仕事で迷惑かけた 書き置き | トップページ | 室戸市、世界ジオパークに 貴重な地質・地形遺産 国内5件目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/52742743

この記事へのトラックバック一覧です: SMAP、中国で国賓級待遇 北京で初の海外公演:

« 中島尚俊JR北海道社長、仕事で迷惑かけた 書き置き | トップページ | 室戸市、世界ジオパークに 貴重な地質・地形遺産 国内5件目 »