« 野田総裁、輿石幹事長 前原政調 平野国対、樽床(幹)代理 | トップページ | 柴野多伊三元衆院議員、首吊り自殺 詐欺事件の判決当日 »

ビートたけし&明石家さんま、島田紳助さんの引退を語る

お笑い界ビッグ3と呼ばれているのがビートたけし・明石家さんま・タモリだが、かつてフジテレビのバラエティーオレたちひょうきん族で、島田紳助と共演したたけしとさんまが27日、それぞれの番組で紳助の引退について語った。

PhotoたけしはメインキャスターをつとめるTBS系の情報番組、情報7days ニュースキャスターに出演。

「オレ、いろんなところで、本当はどうなんだとか聞かれるけど、漫才ブームの時ぐらいしか紳助を知らないんだよね。全然知らないんだよね」「分からないから、どちらの味方につくこともない。味方というものもないけど」。

一方、面識がない暴力団関係者から、「若いころの自分に似ているから会いたい」と言われ、断り切れず雑誌の対談という形で会ったが、再度会いたい意志を告げられたが、「とにかく、あやまって帰ってきた」と黒い交際に発展することを避けたことを明かした。

さんまがレギュラーを務める大阪・MBSラジオヤングタウン土曜日は26日に収録されたが、冒頭、「今週は、吉本的にはいろんなことがありましてねえ」と、紳助の話題を切り出し、「会見でも親友だと言ってもらったみたいですが、本人とは全く話してません。大事な話は一切しないんですよ」。

吉本興業の同期だけに、寂しさを隠すように明るくふるまい、「会社から、『さんまさんのところに記者が行くと思うから、よろしく』て言われてたけど、誰も来えへん。偉いさんに、『親友として、記者会見開かせや!!』て言うたった」、「(取材)が昨日、やっと来た。『悲しいですよね』って聞かれたから、『うれしいわ、アホ!!』って答えたわ」。

それでもさんまは、「マスコミに追いかけられたり、辞めたいと思うことなんて年がら年中。紳助の気持ちも分かる」と本音をのぞかせ、米スポーツ界では引退した選手の復帰が多いことを持ち出し、「紳助だって帰ってきたっていいんですよ」。

テレビ界で一時代を築いた戦友の復帰を望んだ。

                                             

                               

|

« 野田総裁、輿石幹事長 前原政調 平野国対、樽床(幹)代理 | トップページ | 柴野多伊三元衆院議員、首吊り自殺 詐欺事件の判決当日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/52619694

この記事へのトラックバック一覧です: ビートたけし&明石家さんま、島田紳助さんの引退を語る:

« 野田総裁、輿石幹事長 前原政調 平野国対、樽床(幹)代理 | トップページ | 柴野多伊三元衆院議員、首吊り自殺 詐欺事件の判決当日 »