« インド北東部地震の死者71人に 地滑り、非常に危険 | トップページ | 元岡古墳群G6号から最古の暦使用の大刀出土 »

防衛産業を狙ったウイルス攻撃が相次ぐ、日米などで8社が被害

防衛機密が流出していたら恐ろしい。護衛艦や潜水艦、ミサイルなどを防衛省から受注する三菱重工業が、サイバー攻撃を受けた。被害に遭ったのは国内11カ所の生産拠点や研究所のサーバー、パソコン計83台。海外のサイトに強制的に接続し、

Photo情報を流出させるウイルスに感染した。

IPアドレスなど、三菱重工業のネットワークシステムに関する情報が漏れた。警視庁は不正アクセス禁止法違反などの疑いで捜査する。先端技術に対するスパイ行為だった可能性も否定できない。

同じ防衛産業であるIHIなどにも、ウイルスメールが大量に送りつけられていたことがきのう判明した。どう防ぐのか、官民を挙げて手だてを考えねばならない。

世界中でこの数年間、政府機関や企業などを相手にしたサイバー攻撃が深刻化している。いくつかのパターンがある。一つはメールを送り、特殊なプログラムを組み込んだウイルスに感染させる手口。情報を流出させるほか、データを書き換えて混乱させる狙いもある。
もう一つ、よく使われるのが政府機関などのサイトに膨大なメールを一斉に送り、ネットワーク自体をダウンさせる方法。

殊に標的にされているのが米国。軍や関連企業が機密を盗まれる事件が後を絶たない。昨年はグーグルへの不正侵入も発覚。中国国内のIPアドレスを経由するケースが目立つと指摘されている。米政府は今年7月、サイバー攻撃への新戦略を公表し、軍事的報復も辞さないとした。

IT大国の韓国でも2年前、政府機関や銀行などが一斉にウイルス感染し、機能が一時麻痺。

対岸の火事ではないが、日本の対応はどうだろう。政治や経済の中枢へのダメージを経験していないからか、後手に回ってきた印象は拭えない。昨年、米主導で実施された世界規模のサイバー訓練に参加するなど、備えに本腰を入れ始めたばかり。

警察庁も防衛産業を含む先端技術企業4千社と、具体的な被害情報を分かち合うネットワークを作った。一義的には個別企業に対応を任せているのが現状。

今回、三菱重工は8月中旬に被害に気付き、警察には届けたが防衛省への連絡はなかったという。情報共有という点で疑問が残る。

「サイバー攻撃は国家の安全保障に重大な影響を及ぼし得る」と今年の防衛白書は警鐘を鳴らす。防衛省、総務省など関係省庁が一丸となり、民間の力もフルに生かす態勢整備が欠かせない。

米国だけでなく国際社会と手を携えるのは当然。そもそも国際法上でサイバー攻撃をどう扱うかあいまいな点も問題。中国なども含めたルールづくりの呼び掛けを急いでもらいたい。

                                             

|

« インド北東部地震の死者71人に 地滑り、非常に危険 | トップページ | 元岡古墳群G6号から最古の暦使用の大刀出土 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/52789450

この記事へのトラックバック一覧です: 防衛産業を狙ったウイルス攻撃が相次ぐ、日米などで8社が被害 :

» 三菱重工業に対してサイバー攻撃 [つらつら日暮らし]
あらら?大丈夫でしょうかね。 [続きを読む]

受信: 2011/09/21 10:52

» 三菱重工業にサイバー攻撃? [いい加減社長の日記]
これも時代を表す事件か・・・ 総合機械メーカー「三菱重工業」がサイバー攻撃を受け、防衛装備品や原子力プラントなどの工場でサーバーやパソコンがコンピューターウイルスに感染した問題で、その一部が感染後、海外のウェブサイトに勝手に接続し、通信が行われて... [続きを読む]

受信: 2011/09/21 13:27

» 「鉄壁の要塞」も・・・(三菱重工でPCウィルス感染) [現代徒然草]
我々の「目に見えない世界」では、24時間休みなく戦火が繰り広げられています。 三菱重工業は2011年9月19日、社内の情報システムが広範囲にわた [続きを読む]

受信: 2011/09/21 22:20

» [三菱重工]思いっきり狙われているのであって [BBRの雑記帳]
なんだか、沖縄の横でぐるぐる回っているだけかと思っていたら急に[非常に強い」にな [続きを読む]

受信: 2011/09/22 01:44

« インド北東部地震の死者71人に 地滑り、非常に危険 | トップページ | 元岡古墳群G6号から最古の暦使用の大刀出土 »