« アノニマス、NATOにサイバー攻撃 機密文書入手か | トップページ | 斎藤佑樹、緊急登板で無失点デビュー 夢の球宴 »

中村とうよう氏、飛び降り自殺か 音楽評論家

21日午前10時15分ごろ、東京都立川市柴崎町2丁目の10階建てマンションの敷地内で、8階に住む音楽評論家の中村とうよう79(本名・東洋)さんが、頭から血を流して倒れているのが見つかった。病院に運ばれたが、まもなく死亡。

Photo_2警視庁は自宅の腰高窓から飛び降り自殺をしたとみている。氏は一人暮らし。署員が駆けつけた時、玄関には鍵がかかり、室内に自殺をほのめかすメモがあったという。

中村さんはュージック・マガジの元代表取締役で、武蔵野美術大の客員研究員を務めていた。

21日に複数の知人に、「それではみなさん、さようなら」などと書かれた手紙が届いた。

中村とうよう 京都府出身。京大卒後、銀行員を経て音楽評論活動。

69年に音楽雑誌ニューミュージック・マガジン(80年からミュージック・マガジン)創刊。89年まで編集長。ラテンからフォーク、ロックなど幅広いジャンルの知識を持ち、著書も多い。08年からは資料を寄贈した武蔵野美術大の客員研究員。

  美しい人エステナードソニック                 

|

« アノニマス、NATOにサイバー攻撃 機密文書入手か | トップページ | 斎藤佑樹、緊急登板で無失点デビュー 夢の球宴 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/52279815

この記事へのトラックバック一覧です: 中村とうよう氏、飛び降り自殺か 音楽評論家:

« アノニマス、NATOにサイバー攻撃 機密文書入手か | トップページ | 斎藤佑樹、緊急登板で無失点デビュー 夢の球宴 »