« 古川聡さん搭乗のソユーズ、打ち上げに成功 | トップページ | 石川遼、無免許運転 国際免許「無効」と知らず »

世界農業遺産に佐渡と能登半島 先進国で初

6/11 石川・能登半島と新潟・佐渡市が伝統的な農業や生物多様性をもつ地域を守るため、国連の機関が認定している世界農業遺産に先進国から初めて登録された。能登半島は伝統的な棚田が、

1佐渡市はトキと共に生きるための農薬を減らした農業などが評価された。

6/8 世界農業遺産と呼ばれる国際連合食糧農業機関/FAOの世界重要農業資産システム/GIAHSに、新潟県佐渡市と石川県・能登半島の2カ所が、日本から初めて登録される見通しとなった。FAO当局者が明らかにした。

登録は、佐渡市が国の特別天然記念物トキと共生するための減農薬稲作の取り組みで、能登は七尾市など4市4町で見られる棚田や浜辺での営みなどを組み込んだ里山里海で。

9日から北京で開かれるGIAHS国際フォーラムで紹介され、11日の最終審査で正式決定される。

FAO Food and Agriculture Organization
GIAHS Globally Important Agricultural Heritage Systems

                                

                               

                

|

« 古川聡さん搭乗のソユーズ、打ち上げに成功 | トップページ | 石川遼、無免許運転 国際免許「無効」と知らず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/51889246

この記事へのトラックバック一覧です: 世界農業遺産に佐渡と能登半島 先進国で初:

« 古川聡さん搭乗のソユーズ、打ち上げに成功 | トップページ | 石川遼、無免許運転 国際免許「無効」と知らず »