« 宮内庁と関大博物館の銅鏡片、接合 津堂城山古墳出土 | トップページ | 世界陸上代表、福島・室伏・高平・岸本ら決定 日本選手権 »

6.11脱原発100万人アクション 長崎やパリで集会やデモ

東日本大震災から3カ月を迎えた11日、6.11脱原発100万人アクションを合言葉にした集会やデモが、東京や被爆地の長崎、広島など全国各地であった。世界各都市の関心も高く、パリでも原発廃止を求めて市民の輪が広がった。

611100九州各県の原水爆禁止日本国民会議関係者ら約170人が参加し、長崎市内で開かれた第34回九州ブロック原水禁・原爆被害者活動交流集会は、脱原発を求める100万人アクションアピールを採択した。

主催者代表の前海満広福岡県原水禁事務局長は、福島第1原発事故に触れ、「人類と核は相いれないことが証明された」と挨拶、脱原発を訴えた。

核兵器廃絶と原発問題と題して講演した土山秀夫元長崎大学長は、「政治家、官僚、電力会社が団結し、学者まで育てて原発を推進してきた。一方で再生可能エネルギーは、コスト面などで非現実的とケチがつけられてきた」。「現代が文明を享受すればいいという考え方を変え、次世代を考えた計画を示すべき」。

パリでは、原発廃止とエネルギー政策転換を訴えるデモと集会が行われた。

日仏交流を通じて環境問題などに取り組む非政府組織/NGOの日本人メンバーらを先頭に、市民団体メンバー、原発労働者ら数千人が、レピュブリック広場からパリ市庁舎まで約3gキロをデモ行進。
市庁舎前広場では、原発の現状や脱原発へ向けたシナリオを発表・報告する集会やコンサートが開かれた。

                                             

                                 

                               

|

« 宮内庁と関大博物館の銅鏡片、接合 津堂城山古墳出土 | トップページ | 世界陸上代表、福島・室伏・高平・岸本ら決定 日本選手権 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/51921212

この記事へのトラックバック一覧です: 6.11脱原発100万人アクション 長崎やパリで集会やデモ:

« 宮内庁と関大博物館の銅鏡片、接合 津堂城山古墳出土 | トップページ | 世界陸上代表、福島・室伏・高平・岸本ら決定 日本選手権 »