« 原発災害相に細野豪志氏、環境相は江田五月氏兼務 | トップページ | チャン・グンソク、日本で初の写真集「J PLUS」 写真展 »

慶応病院、患者2万4459人分の個人情報入りUSBメモリー紛失

慶応大学病院で、患者2万4459人余りの個人情報が入ったUSBメモリーが紛失したことがわかった。慶応病院によると、USBメモリーには、1991年9月から2011年4月までにスポーツ医学総合センターで受診した患者2万4,459人分の

Photo氏名や鬱病・摂食障害などの病名のほか、生年月日や患者ID、電話番号、競技種目、来院日が記録されていた。
USBメモリーは、外来受付の裏にある鍵つきのキャビネットに保管されていて、6月17日、看護師がなくなっていることに気づいたということだが、これまで個人情報が第三者に利用されたケースは確認されていないという。

また、看護マニュアルを記録した別のUSBも見つかっていない。

慶応病院は、「データをUSBメモリーにダウンロードできないシステムを構築するなど、再発防止に努めたい」としている。

                                             

|

« 原発災害相に細野豪志氏、環境相は江田五月氏兼務 | トップページ | チャン・グンソク、日本で初の写真集「J PLUS」 写真展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/52063866

この記事へのトラックバック一覧です: 慶応病院、患者2万4459人分の個人情報入りUSBメモリー紛失 :

« 原発災害相に細野豪志氏、環境相は江田五月氏兼務 | トップページ | チャン・グンソク、日本で初の写真集「J PLUS」 写真展 »