« タイタン、隕石衝突で大気できた 土星最大の衛星 | トップページ | 斎藤佑樹、登録抹消 左脇腹痛め全治2~3週間 »

エジプトの宗教対立、暴動に発展 イスラム教vsコプト教

エジプトで7日から8日にかけてイスラム教とキリスト教の一派コプト教の宗教対立が激化し、政府は臨時閣議を招集して対応を協議。国営テレビによると、首都カイロでは教会前で衝突が起き、少なくとも12人が死亡、232人が負傷した。

Vs当局によれば、キリスト教からイスラム教に改宗した女性が教会内に監禁されているとのうわさが広まり、暴動に発展したという。
シャラフ首相は予定していたバーレーンとアラブ首長国連邦/UAEへの訪問を延期し、臨時閣議を開いた。

在エジプト米国大使館付近には8日、コプト教徒のグループが集まり、同国のキリスト教徒を守ってほしいと国際社会に訴えるとともに、エジプト政府の対応は不十分だと批判した。

カイロ近郊では、キリスト教徒を中心とする数百人が融和を呼びかける集会を開いたのに対し、周辺の建物の屋上から石や煉瓦が投げつけられるなどして暴動に発展。治安部隊が出動して両派を引き離したが、数人の負傷者が出た。

エジプトでは数カ月前から多数派のイスラム教徒と少数派のコプト教徒との間で対立が浮上、何度も衝突が起きている。緊張が高まったきっかけは、米政府機関が発表した『世界の宗教の自由に関する報告書』の中で、イスラム社会で少数派のコプト教徒が敵視される問題について取り上げたことだった。

                                  

                   

                      

|

« タイタン、隕石衝突で大気できた 土星最大の衛星 | トップページ | 斎藤佑樹、登録抹消 左脇腹痛め全治2~3週間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/51623378

この記事へのトラックバック一覧です: エジプトの宗教対立、暴動に発展 イスラム教vsコプト教:

« タイタン、隕石衝突で大気できた 土星最大の衛星 | トップページ | 斎藤佑樹、登録抹消 左脇腹痛め全治2~3週間 »