« 二宮和也&佐々木希、自宅デート重ねる | トップページ | 横粂勝仁議員、離党届 党利党略に耐えられず »

日中韓首脳会談、首脳宣言要旨と共同会見要旨

日中韓首脳会談、首脳宣言要旨

○東日本大震災により失われた尊い命、甚大な被害に対し、深い哀悼の意を表する。

○3国は未来志向で包括的な協力パートナーシップをより一層強化。困難な状況を乗り越えようとする日本の努力を支えていく。

Photo防災・原子力安全
・日本は原発事故と震災の教訓を中韓両国や国際社会と共有する。

経済成長
・日中韓自由貿易協定(FTA)の産官学共同研究を11年中に終了させる。

・3国間の観光促進で15年までに人的交流を2600万人規模に拡大。

北東アジア情勢

・北朝鮮のウラン濃縮計画に懸念を表明。

(付属文書)

原子力安全協力

・多くの国にとって原子力エネルギーが重要な選択肢であると認識。

・原子力安全の確保は原子力エネルギー発展の必要条件。

・日本政府は福島第1原発の状況を解決する決意を表明。最大限の透明性をもって国際社会への情報提供を継続する。

・中韓両政府は、原子力事故を最終的に解決するための日本政府の努力を支持する。

・自然災害に対する原発の安全性強化に関する専門家協議を推進。

・緊急時の早期通報の枠組み、専門家交流について協議を開始。

・原子力事故の際は、産品の安全性について科学的証拠に基づき必要な対応を慎重に取ることが重要との見解を共有。

 


 

日中韓首脳会談、共同会見要旨

「中韓両首脳の被災地訪問に感謝申し上げる。日本の安全性を最も効果的に示すことができた。お二人の行動こそが復興支援の最大の効果を上げている。私から北朝鮮のウラン濃縮に対する懸念を表明した。具体的行動を北朝鮮から引き出すべく3カ国で連携していくことを確認した」菅直人首相。

「3年前の(四川)大地震で、日韓両政府は真っ先に重要な援助をしてくれた。被災地の再建と経済の復興は、アジアと世界の経済成長にもかかわる。さらに積極的な措置を取り、日本側の震災復興を支持していきたい。朝鮮半島の対話の基盤は依然脆弱(ぜいじゃく)だ。最も重要なのは、対話を通じて6カ国協議再開の条件を作ることだ」温家宝首相。

「韓国国民は前例がないほど日本国民の方々に温かく協力する気持ちだということを、伝えたい。原子力の安全は科学的な備えも必要だが、情報を伝えて国民を安心させるべきだ。朝鮮半島の非核化については3カ国が同じ見解を持っている。3国の協力が必要だ」 李明博大統領。

   

                                    

                 

                                     

|

« 二宮和也&佐々木希、自宅デート重ねる | トップページ | 横粂勝仁議員、離党届 党利党略に耐えられず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/51744526

この記事へのトラックバック一覧です: 日中韓首脳会談、首脳宣言要旨と共同会見要旨:

« 二宮和也&佐々木希、自宅デート重ねる | トップページ | 横粂勝仁議員、離党届 党利党略に耐えられず »