« 南北分断の三陸鉄道、トレーラーで車両移動 混雑緩和へ | トップページ | IAEA、福島第一原発を視察・映像公開 »

笑い飯哲夫、東大で『おもしろ仏教講座』

お笑いコンビ、笑い飯の哲夫36が28日、東京・文京区の東京大学でおもしろ仏教講座を開いた。哲夫仏教オタクと知る東大の仏教青年会からオファーを受けて実現。哲夫は一般開放された学園祭五月祭での特別講座として、

Photo_3僧侶を含む550人の受講生を前に、笑いを交えつつ、スライドを使って仏像を見せるなどし、仏の教えを説いた。

哲夫は幼少時にお経に興味を持ち、高校1年時に教師から、「四苦八苦という字を4×9、8×9にしたら、36+72で煩悩の数字108になる」と指導されたことをきっかけに、仏教を独学で学んだ。

09年に、えてこでもわかる 笑い飯哲夫訳般若心経を出版。

この日は、「助平なことをやらなさ過ぎるのもあかんし、やり過ぎるのもあかん。ちょうどいいくらいでいなさいということ」と、ブッダの教え中道を解説した。

東大で3年前に漫才をしたことはあるが、大学での講義は初めて。

取材陣から、「煩悩はなくさない?」と聞かれると、「Hビデオは1日1回、ほど良く見る。煩悩と思ってない。中道」と切り返した。

そして、「僕は誕生日がキリストさんと一緒の12月25日。仏教の本は出した。イスラムの教典の本を出すなりしたら、世界三大宗教コンプリートされるんやな」。

「仏教のお釈迦さまと(明石家)さんまさんはどっちがすごいんですか?」と言う質問には、「お釈迦さまは仏教を作った人やから……さんまさんはお笑いを作ったわけではないし……」と口ごもりながらも、「人を絶対にスベらせないという意味では、さんまさんもお釈迦さまと一緒。ほんまにすごいんですよ。ちなみに、Wボケ界における笑い飯もお釈迦さまと一緒です」

 

                     

 

 

                                     

 

                                    

|

« 南北分断の三陸鉄道、トレーラーで車両移動 混雑緩和へ | トップページ | IAEA、福島第一原発を視察・映像公開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/51798480

この記事へのトラックバック一覧です: 笑い飯哲夫、東大で『おもしろ仏教講座』:

« 南北分断の三陸鉄道、トレーラーで車両移動 混雑緩和へ | トップページ | IAEA、福島第一原発を視察・映像公開 »