« エジプト、ガザとの境界・ラファ検問所を開放 | トップページ | 日本ダービー、オルフェーヴル2冠 池添謙一の夢実現 »

姫路城、菱の門の瓦が一部崩れる 降棟

29日午前5時半ごろ、世界遺産・国宝姫路城で、菱の門の下に瓦(縦33cm、横15)が落ちているのを巡回中の姫路市職員が見つけた。市城周辺整備室によると、屋根の瓦が幅約50、高さ約60、奥行き約60cmにわたって崩れ、

Photo_7瓦2枚が約8㍍下の地面に落ちたらしい。台風2号に伴う雨の影響とみられる。

菱の門は、登閣口から最初にある門で、国の重要文化財指定を受けている。1951(昭和26)年に解体修理があった。

崩れたのは降棟と呼ばれる部分。

瓦の先端には鬼瓦があり、落下を防ぐため銅線で屋根と結んでいた。瓦と瓦のつなぎ目の土が雨を吸って重くなり、銅線が切れたのではないかという。

また強風のため、姫路城修理見学施設天空の白鷺が、通常より1時間半早く午後4時に閉館した。

降棟 くだりむね  切妻屋根、入母屋などの屋根の最上部にある水平な大棟から屋根勾配に沿って軒先の方へ作った棟。



   

                                    



                     



                                     


|

« エジプト、ガザとの境界・ラファ検問所を開放 | トップページ | 日本ダービー、オルフェーヴル2冠 池添謙一の夢実現 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/51804062

この記事へのトラックバック一覧です: 姫路城、菱の門の瓦が一部崩れる 降棟:

« エジプト、ガザとの境界・ラファ検問所を開放 | トップページ | 日本ダービー、オルフェーヴル2冠 池添謙一の夢実現 »