« 山本舞香さん、14代目リハウスガール 空手黒帯13歳 | トップページ | JR九州、小西行長ゆかりの韓国・麗水に高速船  »

2400年前の足跡、コウノトリと判明 福万寺遺跡 弥生時代

奈良文化財研究所は18日、池島福万寺遺跡にある弥生時代前期後半(約2400年前)の水田跡から96年に見つかった鳥の足跡がコウノトリのものだったと発表した。これまで、前橋市で6世紀のコウノトリの足跡が発見されているが、今回の足跡が国内最古となる。

Photo_6足跡は長さ約15cm、幅約12cmで、約100個が人間の足跡と混在して出土した。足跡が付いた直後に洪水で砂が流入したため風化せず、保存状態がよかった。

鳥の種類が分からなかったが、奈文研の松井章・埋蔵文化財センター長(動物考古学)が昨年、兵庫県立コウノトリの郷公園(豊岡市)の獣医らに足跡の石膏型を見せ、大きさや形がコウノトリの特徴と一致することが判明。

今年3月に山階鳥類研究所(千葉県我孫子市)に照会し、特定した。

松井センター長は、「弥生時代から人とコウノトリが共生したことを示す発見」と話し、全国各地で見つかった弥生時代の銅鐸に描かれた鳥の絵のモデルがコウノトリである可能性も浮上した。

Photo_7弥生時代中期の桜ケ丘5号銅鐸(国宝・神戸市立博物館)には嘴と首と脚が長い鳥が描かれ、各地で出土した弥生時代の銅鐸にも同様の鳥が描かれている。

80年代、ツルが稲穂を落とした場所で稲作が始まったとする穂落神ほおとしがみの伝承を基にツル説が浮上。その後、魚をくわえた鳥の絵に着目し、サギ説が登場。魚を捕るのは夏鳥でなければならず、冬鳥のツルでは矛盾するという説だ。

松井センター長は、「コウノトリは体が大きく、目や脚が赤いので神々しい。弥生人にとって信仰の対象だったのでは」と推測。
一方、国立歴史民俗博物館の春成秀爾名誉教授(考古学)は、「サギもツルも神々しく、コウノトリだけに絞るのは難しい」と慎重だ。

足跡の石こう型や写真は21日~7月3日、大阪府和泉市の府立弥生文化博物館で展示される。

|

« 山本舞香さん、14代目リハウスガール 空手黒帯13歳 | トップページ | JR九州、小西行長ゆかりの韓国・麗水に高速船  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/51715988

この記事へのトラックバック一覧です: 2400年前の足跡、コウノトリと判明 福万寺遺跡 弥生時代:

« 山本舞香さん、14代目リハウスガール 空手黒帯13歳 | トップページ | JR九州、小西行長ゆかりの韓国・麗水に高速船  »