« 八百長関与の力士、全員引退 大相撲夏場所開催へ | トップページ | アントニオ猪木、被災地で闘魂注入 元気ですか~!! »

2011/04/06

向田邦子賞、クドカン/宮藤官九郎「うぬぼれ刑事」

優れたテレビドラマの脚本とその作家を表彰する第29回向田邦子賞の選考会が5日開かれ、うぬぼれ刑事でか(TBS系)のクドカンこと宮藤官九郎40が選ばれた。うぬぼれ刑事は昨年7~9月に放送された。

Photo主人公は福島県出身で、福島弁のセリフが多く使われていたこともあり、宮藤さんは、「(被災した)福島の皆さんに報告したい」と話した。

宮藤官九郎東日本大震災で震度7を記録した宮城県栗原市出身。被災した実家の母と姉夫婦は無事だったが、1週間連絡がつかなかったという。

震災について宮藤は、「3月11日以前に書いた台本が別のものに思える。僕の脚本は『このご時世に』といわれがちな(コメディーの)仕事だが、これからも楽しんでもらえるような作品を送り出していきたい」。

■副賞は300万円。贈賞式は5月31日、帝国ホテルで行う。


宮藤官九郎 宮城県築館高等学校卒、日大藝術学部放送学科中退。

劇団大人計画の一員として脚本や演出を担当。ドラマ池袋ウエストゲートパーク(00年)、タイガー&ドラゴン(05年)などの脚本を書く一方、映画ゲゲゲの女房に出演するなど多彩な才能を発揮している。

                                            

              

                             

|

« 八百長関与の力士、全員引退 大相撲夏場所開催へ | トップページ | アントニオ猪木、被災地で闘魂注入 元気ですか~!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 向田邦子賞、クドカン/宮藤官九郎「うぬぼれ刑事」:

« 八百長関与の力士、全員引退 大相撲夏場所開催へ | トップページ | アントニオ猪木、被災地で闘魂注入 元気ですか~!! »