« つくば市、福島からの転入者に放射線検査を要求 | トップページ | 岩手・宮城・福島の死者の92.4%、津波による水死 »

ドナルド・キーン氏、日本永住へ 国籍取得手続き開始

日本文学研究で知られる米コロンビア大名誉教授のドナルド・キーン氏88が、日本に永住する意思を固め、日本国籍取得の手続きを始めたことが15日、分かった。キーン氏は周囲に「日本が大好きだから」などと説明。

Photo_2これまで1年の半分ほどを日本で過ごしてきたが、今月末の講義を最後にコロンビア大を去るほか、「行き来するのが体力的に辛くなってきた」ため、1月ごろに永住の意思を固めたという。

関係者は、「3月11日の東日本大震災で大変心を痛め、永住への思いがさらに固くなったのかもしれない」と話している。

キーン氏は、源氏物語の翻訳本を読んだことをきっかけに、日本文学研究の道に。「百代の過客」「日本文学の歴史」「明治天皇」など日本に関する多数の著作で知られ、08年に文化勲章を受けた。

独身を通してきたキーン氏は、「私は日本という女性と結婚した。日本人は大変優秀な国民だ。現在は一瞬打撃を受けたが、未来は以前よりも立派になると私は信じる」と、新たな祖国になる日本の復活を信じている。

                                  

                     

              

|

« つくば市、福島からの転入者に放射線検査を要求 | トップページ | 岩手・宮城・福島の死者の92.4%、津波による水死 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/51436955

この記事へのトラックバック一覧です: ドナルド・キーン氏、日本永住へ 国籍取得手続き開始:

« つくば市、福島からの転入者に放射線検査を要求 | トップページ | 岩手・宮城・福島の死者の92.4%、津波による水死 »