« 向田邦子賞、クドカン/宮藤官九郎「うぬぼれ刑事」 | トップページ | 5月は、無料で技量審査場所 5/8~15 大相撲 »

アントニオ猪木、被災地で闘魂注入 元気ですか~!!

プロレス団体IGFの会長アントニオ猪木68と、エグゼクティブプロデューサー蝶野正洋47が5日、津波や原発事故の影響で多くの避難民を抱える福島県いわき市、宮城県東松島市の避難所3カ所を訪問した。

Photo_2燃える闘魂が被災地に飲料水3万㍑や特製タオル5000枚などの救援物資を持って登場。到着直後から大きな声を張り上げた。

出迎えた被災者に「元気ですか!!」と叫ぶと、間髪入れず、「元気です!!」の返答。お決まりの挨拶で避難所に明るさをもたらした。

握手を交わしながら、「(各所の許可が出るまで)なかなか来られなかったけど、やっと来られた」。一抹の不安もあった。

これまでもホームレスのための炊き出しを行うなど、積極的に慈善活動を行ってきたが、被災地の惨状を目の当たりにし、本音を漏らした。
「本当は『元気ですか!!』と言おうか戸惑った。言ってもいいものか……」。

迷う猪木をその気にさせたのは、被災者の生き生きとした目だった。「皆さんが思っていたよりも元気だったので、こっちが元気をもらった感じ」。

東北の人たちに後押しされ、力一杯の「元気ですか!!」が自然に口をついた。モヤモヤが吹っ切れると、調子が出てきた。

「日本中が自粛、自粛じゃあ何もできない。元気のある奴が立ち上がれ!!」。有言実行を貫く猪木の姿に、被災地も勇気づけられた。お年寄りは握手とサインを求め、若者は闘魂注入のビンタをねだった。

最後は全員で、「1、2、3、ダ~!!」と絶叫。避難所に笑顔があふれた。

「(茨城県)日立市を抜けると、景色が一変したので本当にビックリ」「今回だけじゃなく、今後も活動を続けていきたい」ヒール役・黒のカリスマ蝶野正洋

                                 

              

                             

|

« 向田邦子賞、クドカン/宮藤官九郎「うぬぼれ刑事」 | トップページ | 5月は、無料で技量審査場所 5/8~15 大相撲 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/51315832

この記事へのトラックバック一覧です: アントニオ猪木、被災地で闘魂注入 元気ですか~!!:

« 向田邦子賞、クドカン/宮藤官九郎「うぬぼれ刑事」 | トップページ | 5月は、無料で技量審査場所 5/8~15 大相撲 »