« 田中好子さん、肉声でお別れの言葉  音声と全文 | トップページ | 堀江貴文被告、実刑確定 最高裁が上告棄却 »

鈴木直道氏、夕張の再生に取り組む全国最年少市長

鈴木直道氏は、北海道夕張市長選で初当選し、現役では全国最年少市長として、財政破綻した街の再生に臨む。当選証書を手に、「ずしりと重い。多くの皆さんと手を携えながら前に進むしかない」と力を込めた。

Photo_2東京都職員時代の08年、夕張に都からの応援職員として足を踏み入れた。

市民課の窓口を担当しながら、地域の祭りや市民活動に積極的に参加。財政再生計画に市民の意見を反映させようと、市民団体や大学とともに夕張再生市民アンケートを実施。副総務相に市民の声を届ける活動などを続けた。

都庁に戻り、内閣府地域主権戦略室に出向していた10年秋、市民から市長選出馬の要請を受けた。
月給は全国最低レベルの約26万円で、年収は200万円近く下がる。

玉置麻奈美さん29と婚約しており、両親も交えて悩みに悩んだが、2年2カ月の夕張生活で親交を結んだ仲間の熱い思いに、「ここで応えなければ」と決意した。
今後16年で322億円の赤字解消が義務付けられている夕張市。

選挙戦では、東京との人の交流や都庁との政策連携など東京と夕張をつなぐと訴えた。石原慎太郎都知事も告示後、夕張入りし、「東京が必ず支援する」と応援演説したが、具体策は未知数だ。

旧炭鉱地で高齢化率も約44%と高い。市民は若さの可能性に閉塞感の打破を託した。「本当の意味での再生を目指し、夕張を元気な街にしたい」

鈴木直道 1981.3.14 埼玉県三郷市生 法政大学法学部法律学科卒

2008年1月から、猪瀬直樹東京都副知事の発案により、財政破綻で職員数が半減する北海道夕張市に派遣された。

                                  

                     

              

|

« 田中好子さん、肉声でお別れの言葉  音声と全文 | トップページ | 堀江貴文被告、実刑確定 最高裁が上告棄却 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/51498125

この記事へのトラックバック一覧です: 鈴木直道氏、夕張の再生に取り組む全国最年少市長:

« 田中好子さん、肉声でお別れの言葉  音声と全文 | トップページ | 堀江貴文被告、実刑確定 最高裁が上告棄却 »