« 第46回上方漫才大賞、ブラックマヨネーズ | トップページ | いすみ鉄道、キハ52形が29日に運転開始 »

カダフィ派、リビアでクラスター爆弾使用 国際人権団体

国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウオッチ(NY)は15日、リビアの最高指導者カダフィ支持派の部隊が13~14日にかけ、西部のミスラタの住宅街を殺傷能力の高いクラスター/集束爆弾を使って攻撃したと発表した。

Photo_2ヒューマン・ライツ・ウオッチが独自の調査と目撃証言に基づいて発表。現場に残された子爆弾の数などから、クラスター爆弾が少なくとも5回に渡って使われた可能性があるという。

民間人死傷者の有無は不明。

ミスラタでは、カダフィ派と反体制派が激しい攻防を続けている。

クラスター爆弾は多数の子爆弾を空中から撒き散らす上、爆発後も一部の子爆弾が不発弾として残るため、民間人に大きな被害を出すことで知られる。

昨年8月発効のクラスター爆弾条約で、使用や開発、製造、保有、移転が禁じられたが、リビアは同条約に加盟していない。

                                  

                     

              

|

« 第46回上方漫才大賞、ブラックマヨネーズ | トップページ | いすみ鉄道、キハ52形が29日に運転開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/51405914

この記事へのトラックバック一覧です: カダフィ派、リビアでクラスター爆弾使用 国際人権団体:

« 第46回上方漫才大賞、ブラックマヨネーズ | トップページ | いすみ鉄道、キハ52形が29日に運転開始 »