« 大阪駅で橋上駅舎使用始まる 利便性向上 JR西日本 | トップページ | 「計画的避難区域」と「緊急時避難準備区域」の設定 »

東電、最大級の大型コンクリートポンプ車購入 原発事故対策

福島第1原発事故で高所からの放水作業などに使うため、東京電力が米国の建設会社から購入した世界最大級のコンクリートポンプ車が11日、大型輸送機で成田空港に空輸された。車体には日の丸と星条旗が描かれていた。

Photo_3東電によると、ポンプ車はアームの長さが約70㍍で、毎時160㎥の放水が可能。ドイツの重機メーカーが製造し、70㍍級は世界に5台しかないという。

東電が現場に投入中のコンクリートポンプ車は、50㍍級2台と60㍍級1台。

12日と14日にも、米国とドイツから70㍍級など2台が空輸され、放水のほか、高所からの映像撮影などに使用する。

当面は、千葉県東金市の工場で整備や操作訓練を行うため、現場投入は2週間以上先になる見通し。
東電が確保したコンクリートポンプ車は14日には計9台となる。

                                  

                     

              

|

« 大阪駅で橋上駅舎使用始まる 利便性向上 JR西日本 | トップページ | 「計画的避難区域」と「緊急時避難準備区域」の設定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/51362338

この記事へのトラックバック一覧です: 東電、最大級の大型コンクリートポンプ車購入 原発事故対策:

« 大阪駅で橋上駅舎使用始まる 利便性向上 JR西日本 | トップページ | 「計画的避難区域」と「緊急時避難準備区域」の設定 »