« 長谷川穂積は王座陥落 西岡利晃と粟生隆寛は防衛 | トップページ | 親鸞750回遠忌法要始まる 東日本大震災に哀悼の意 »

篠田建市/司忍山口組6代目組長、府中刑務所を出所

銃刀法違反罪で服役していた指定暴力団山口組の6代目組長篠田建市/司忍受刑者69が9日、東京の府中刑務所を出所した。警察当局は、トップの復帰で組織の刷新など活動が活発化する恐れがあるとして、出所後の動向に警戒を強めている。

Photo

篠田組長は有力二次団体弘道会会長だった97年、配下の組員が拳銃を持っていたとして大阪府警に逮捕された。保釈中の05年8月に6代目就任し、同年12月、懲役6年の有罪判決が確定し収監された。

組長不在の間、ナンバー2の若頭で弘道会会長の高山清司被告(63恐喝罪で起訴)が実質的に組を支配。85人の直系組長に神戸市の総本部への日参を義務付けるなど統制を強化した。

警察庁は、暴力団全体の約44%に当たる3万4900人が山口組に集中していることや、警察との対決姿勢を強める弘道会による山口組支配などに危機感を抱き、「篠田組長出所までに弱体化を」と、09年から壊滅作戦を指示。

高山清司被告、山口組ナンバー3入江禎宅見組組長(66暴力団対策法違反罪で有罪)を含む直系組長33人を逮捕し、一時トップ3不在に追い込んだ。

山口組が分裂  山健組など関西中心の13団体を絶縁や破門処分


  • 司忍は午前5時50分ごろ、警察官約100人と刑務所職員らによる厳戒態勢の中、府中刑務所正門を出て車に。出迎えたのは組幹部ら数人とみられ、混乱はなかった。報道陣の中には海外メディアの姿もあった。

    山口組が分裂  山健組など関西中心の13団体を絶縁や破門処分

                                                               

                                               

                                                           

    山口組が分裂  山健組など関西中心の13団体を絶縁や破門処分

      高山清司弘道会会長を恐喝容疑で逮捕 山口組№2

    |

    « 長谷川穂積は王座陥落 西岡利晃と粟生隆寛は防衛 | トップページ | 親鸞750回遠忌法要始まる 東日本大震災に哀悼の意 »

    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/51339579

    この記事へのトラックバック一覧です: 篠田建市/司忍山口組6代目組長、府中刑務所を出所:

    « 長谷川穂積は王座陥落 西岡利晃と粟生隆寛は防衛 | トップページ | 親鸞750回遠忌法要始まる 東日本大震災に哀悼の意 »