« シリアの反体制デモ鎮圧、死者100人以上に | トップページ | 大賀典雄氏、死去 音楽家からソニーの異能経営者に »

ギラード豪首相、宮城・南三陸町で被災者を激励

来日中のオーストラリアのギラード首相は、23日、東日本大震災の津波で壊滅的な被害を受けた宮城・南三陸町を訪れた。外務省によると、外国の首脳が被災地を訪れたのは、初めて。

Photo_6悪天候のため、予定していたヘリコプターではなく、仙台空港から陸路で南三陸町に入ったギラード首相は、津波で大きな被害を受けた町の庁舎の前で、町長から当時の状況について説明を受けた。

このあと、首相は避難所を訪れて、被災者を激励し、子どもたちにコアラやカンガルーの縫いぐるみをプレゼントすると、お返しに折り鶴を渡されていた。

南三陸町では、震災後の3/16~19にオーストラリアから派遣された75人の救助隊員と3匹の救助犬が捜索活動を行っており、その縁で、首相自身が視察を希望していた。

「震災の規模はテレビで見るよりもはるかに大きいが、にこやかに迎えてもらい心温まる気持ちだ。日本の皆さんが少しずつ元気を取り戻す様子をみて、不屈の精神を持ち、とても勇敢だと感じた」ギラード首相

                                  

                     

              

|

« シリアの反体制デモ鎮圧、死者100人以上に | トップページ | 大賀典雄氏、死去 音楽家からソニーの異能経営者に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/51475385

この記事へのトラックバック一覧です: ギラード豪首相、宮城・南三陸町で被災者を激励 :

« シリアの反体制デモ鎮圧、死者100人以上に | トップページ | 大賀典雄氏、死去 音楽家からソニーの異能経営者に »