« 白川方明日銀総裁、サプライチェーン問題は8月までは続く | トップページ | サティヤ・サイババ氏死去 奇跡の宗教指導者 »

AKB48前田敦子、ソロ歌手デビュー  6月22日

前田敦子19が、歌手としてソロデビューすることが23日、ナゴヤドームで行われたAKB48握手会イベントで発表。デビュー曲はFlowerで、6/22にCD発売される。AKB48からのソロデビューは、板野友美19に続いて2人目。

Photo_4エースらしく、華々しいタイアップが用意された。
前田敦子の初主演映画、もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら(6/4公開、田中誠監督)の挿入歌となる。
主題歌は、前田がセンターで歌うAKB48の新曲Everyday、カチューシャ(5/25発売)。

前田は、同映画の主演・主題歌・挿入歌のすべてを担当することになった。

「デビュー話を聞いたのも、すごく最近で、レコーディングも何となくやらせてもらったんです。まだ心の準備もできてません。ただ、映画の話に沿った歌詞ですので、劇中に流れるところを、ぜひ聞いてみて下さい」前田

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだらは、一昨年発売された250万部の大ベストセラーが原作で、注目作品だ。

1、2月に撮影していた前田も、「私たちでも、こんな大きな作品をやりきれるんだと感動しました」。デビュー曲は、歌詞がお気に入りで、
「自分のそばに誰かがいてくれたから、花を咲かせることができたっていう内容です。皆への応援歌になれば、うれしいです」。


                                  

                     

              

|

« 白川方明日銀総裁、サプライチェーン問題は8月までは続く | トップページ | サティヤ・サイババ氏死去 奇跡の宗教指導者 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/51481249

この記事へのトラックバック一覧です: AKB48前田敦子、ソロ歌手デビュー  6月22日:

« 白川方明日銀総裁、サプライチェーン問題は8月までは続く | トップページ | サティヤ・サイババ氏死去 奇跡の宗教指導者 »