« 小塚崇彦、予選トップ通過 27日のSPへ 世界フィギュア | トップページ | オセロの中島知子、体調不良で無期限休養 »

2011/04/26

御堂筋線に30000系車両 20年ぶりに新型導入

大阪市営地下鉄御堂筋線で12月から新型車両/30000系の運転を始める。御堂筋線への新型車投入は、1991年に運行を開始した新20系車両以来20年ぶり。先頭部分に曲面ガラスを採用し、

30000内装の壁には御堂筋をイメージしたイチョウの柄をあしらったデザイン。

25日に発表した大阪市交通局によると、新型車両は、床面とホームの段差を従来の9cmから5cmに縮小。

最新のモーター制御装置を採用し、約10%の節電効果を見込む。

このほか、外国人観光客向けに英語、中国語、韓国語での案内表示を行う液晶ディスプレーを設置する。

12月から、御堂筋線を走行する40編成のうち1編成で導入。18年度までに12編成に増やす予定だ。

                                  

                     

              

|

« 小塚崇彦、予選トップ通過 27日のSPへ 世界フィギュア | トップページ | オセロの中島知子、体調不良で無期限休養 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 御堂筋線に30000系車両 20年ぶりに新型導入:

« 小塚崇彦、予選トップ通過 27日のSPへ 世界フィギュア | トップページ | オセロの中島知子、体調不良で無期限休養 »