« 新教科書に東日本大震災の記述を 各社が訂正申請検討 | トップページ | アイのうた~東日本大震災チャリティ・アルバム »

G8やG20で原発安全基準を議題に 日仏首脳会談

菅直人首相は31日夕、フランスのサルコジ大統領と官邸で会談し、福島第1原発事故を受け、5月下旬にフランスで開かれる主要国/G8首脳会議などで原発の国際的な安全基準について議題とすることで一致した。

Photo菅直人氏は会談後の共同記者会見で、「事故の経験を正確に伝えていくことが義務だ」と強調。
サルコジ氏は、「年末までに原発の国際的な安全基準を決めたい」。
会談で、大統領はG8と20カ国・地域/G20両首脳会合の議長として、福島第1原発の制御や東日本大震災の被災地復興に向けた全面支援と連帯を表明。

首相は謝意を伝えるとともに、日本の農産品や乳製品の輸入規制の動きが各国で広がっている問題で、過剰反応しないよう要請したとみられる。

会談冒頭で首相は、「日本国民は団結して、この苦難を乗り切る覚悟だ」と強調。大統領は、「日本国民は尊厳と勇気を持って大きな試練を乗り越えようとしている。尊敬の念を伝えたい」と述べた。

フランスは世界有数の原発大国で、既に防護服や防護マスクなどを日本に提供。放射性物質で汚染された水の除去作業に向け核燃料会社アレバの専門家を派遣するなど、日本支援を明確にしている。



大震災発生後の外国首脳の来日は初めて。日本は大震災や原発事故対策を優先する観点から大統領来日に慎重な姿勢を見せていたが、仏側の強い意向で実現した。
サルコジ氏は中国・南京での国際会議出席後に来日した。

◆語句や人物の解説は左の【ウェブ百科事典<>】を活用して下さい

                                 

              

                             

|

« 新教科書に東日本大震災の記述を 各社が訂正申請検討 | トップページ | アイのうた~東日本大震災チャリティ・アルバム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/51267554

この記事へのトラックバック一覧です: G8やG20で原発安全基準を議題に 日仏首脳会談:

« 新教科書に東日本大震災の記述を 各社が訂正申請検討 | トップページ | アイのうた~東日本大震災チャリティ・アルバム »