« 大震災以降、献血者急増 日赤、持続的に協力を | トップページ | 日中韓外相会談、防災と原子力安全分野で協力 »

米英仏、リビアに軍事介入 カダフィ政権標的に空爆 

仏軍参謀部は仏軍機が日本時間20日未明、リビア上空からカダフィ政権側に空爆を加えたことを明らかにした。米英両軍も、リビア領内に巡航ミサイルを発射。米英仏の3国を主体とする対リビア軍事作戦が始まった。

Photoリビアで反政府デモが激化して以降、国際社会による軍事介入は初めて。
リビア情勢は重大な局面に突入することになった。
仏軍筋の話としてAFP通信が伝えたところでは、仏軍機は空爆でカダフィ政権側の軍車両数台を破壊。

反政府勢力が拠点とする東部ベンガジ上空では、ラファール戦闘機など計20機が政府軍の攻撃阻止のため展開。夜間も作戦を続けるとしている。

Photo_2米軍高官は国防総省で記者団に、地中海に展開する米英軍の艦船から巡航ミサイルトマホーク110発以上を発射したと述べた。カダフィ政権側が沿岸部に配備した防空施設20カ所などに攻撃を加えたという。

パリでは19日、サルコジ仏大統領ら欧州主要国首脳とクリントン米国務長官、アラブ連盟など国際機関代表が、
リビア情勢に関する緊急国際会議を開催。対リビア武力行使を容認する国連安保理決議の採択を踏まえ、カダフィ政権に、「即時停戦が実現しなければ軍事的手段に訴える」と、事実上の最後通告を突き付けていた。

            

           

|

« 大震災以降、献血者急増 日赤、持続的に協力を | トップページ | 日中韓外相会談、防災と原子力安全分野で協力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/51167219

この記事へのトラックバック一覧です: 米英仏、リビアに軍事介入 カダフィ政権標的に空爆 :

» リビアの空爆? [いい加減社長の日記]
なにが、正しいことなのか・・・ 国連安保理決議に基づき飛行禁止空域が設定されたリビアでは、22日も最高指導者ムアマル・カダフィ大佐の政府軍と反体制派勢力の間で激しい戦闘が行われています。 欧米などの多国籍軍は、4日連続でリビアの首都を攻撃。 ヒラリー・ク... [続きを読む]

受信: 2011/03/24 08:10

« 大震災以降、献血者急増 日赤、持続的に協力を | トップページ | 日中韓外相会談、防災と原子力安全分野で協力 »