« ソウル2cm東へ GPSデータ 東北地方太平洋沖地震 | トップページ | 避難生活の必需品:食料は3日分 水・常備薬は必携 »

義援金装う不審メールや電話相次ぐ 注意喚起

義援金をこちらの口座に振り込んでください」。東日本大震災の被災者支援を装い、振り込みを要求する不審なメールや電話が全国で相次いでおり、警察や国民生活センターなどが注意を呼び掛けている。

Photo_7ネット検索大手ヤフーによると、
Yahoo!インターネット募金との文言で、義援金を募るうそのメールなどが13日以降、複数確認された。

ヤフーでは、こうした方法の募金は実施しておらず、担当者は、「憤りを感じる。警察に相談し注意喚起を続けたい」と話した。

「ポイントを購入することで募金にご協力いただけます」。こう記したメールを不特定多数に送り付け、記載されたアドレスをクリックさせ、出会い系サイトへ誘導する悪質メールも拡大中だ。

日本データ通信協会は、「地震と書いてあればみんな読まずにはいられない。今後も同種のメールが増えるだろう」と警戒する。

個人情報収集を狙う、フィッシングサイトも確認された。フィッシング対策協議会によると、あるサイトは地震発生の11日に開設されたとみられ、英語で「寄付」や「日本人に希望を」と呼び掛けながら、名前やメールアドレスを入力させようとするものという。

電話での振り込みの誘いも。津山市に住む30代の女性には、14日昼、同市職員を名乗る男の声で、「義援金を送る活動をしています」と電話があった。岡山県警は振り込め詐欺とみて捜査中だ。

国民生活センターは、義援金を団体を通じて送る際は、確かな団体かどうか確認するよう呼び掛けている。

          フィッシング/Phishing詐欺とは?

■語句や人物の解説は左の【ウェブ百科事典】を活用して下さい。


            



  


|

« ソウル2cm東へ GPSデータ 東北地方太平洋沖地震 | トップページ | 避難生活の必需品:食料は3日分 水・常備薬は必携 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/51144248

この記事へのトラックバック一覧です: 義援金装う不審メールや電話相次ぐ 注意喚起:

« ソウル2cm東へ GPSデータ 東北地方太平洋沖地震 | トップページ | 避難生活の必需品:食料は3日分 水・常備薬は必携 »