« マジごはん計画で佐々木希に 農水省、若い女性に提案 | トップページ | まえはら誠司東京後援会、政治資金収支報告書でミス »

JR博多シティ開業 阪急を核に国内最大の商業駅ビル

九州新幹線鹿児島ルート全線開業、山陽・九州新幹線直通運転開始に先立ち、3月3日に新駅ビルJR博多シティが誕生した。JR博多シティは、地上10階、地下3階で延べ床面積約20万㎡。

Photo_3百貨店の博多阪急を核テナントに、JR九州グループの専門店街アミュプラザ博多などが入居。
アミュプラザ博多には東急ハンズ、複合映画館のティ・ジョイをはじめ、ファッションやレストランなど計約230店舗が入る。
駅ビル全体の売上げは年間約700億円を目指す。

唐池恒二社長が、「商業施設としては全国最大規模の駅ビル。新駅ビルによって周辺に店も進出し、市内の別の繁華街にも人が流れる。新駅ビルを町の賑わい作りのきっかけにしたい」と話すように、広域的な集客が期待されるほか、福岡の街の活性化の起爆剤にもなりそうだ。

★語句や人物の詳細は左の【ウェブ百科事典】でお調べ下さい。


                                 



  


|

« マジごはん計画で佐々木希に 農水省、若い女性に提案 | トップページ | まえはら誠司東京後援会、政治資金収支報告書でミス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/51021249

この記事へのトラックバック一覧です: JR博多シティ開業 阪急を核に国内最大の商業駅ビル:

« マジごはん計画で佐々木希に 農水省、若い女性に提案 | トップページ | まえはら誠司東京後援会、政治資金収支報告書でミス »