« 民・自・公、議員歳費300万円削減で合意 震災復興財源 | トップページ | 氏家斉一郎日本テレビ会長、多臓器不全のため死去 »

被災の石ノ森萬画館、再開目指す 宮城・石巻市

宮城県石巻市で、漫画家の故石ノ森章太郎さんゆかりの石ノ森萬画館も大津波に襲われた。だがサイボーグ009の原画など展示品は無傷で、関係者は、「再開に向け一歩一歩進んでいく」と話した。

Photo_5 宇宙船を模した鉄筋3階建ての1階部分が浸水。

被災当時いた約40人の来館者や職員は避難して無事だったが、事務所やショップに濁水が流れ込んだ。押し流された家や船が当たり壁も一部が破損した。

しかし、「柱など主要部分は傷んでいない」ことが判明。職員らは再開に向け、瓦礫の撤去や収蔵品の確認作業を進めている。

JR石巻駅周辺に並ぶ仮面ライダーなどお馴染みのキャラクターも多くが無事だった。

石ノ森章太郎さんは宮城県の中田町出身。

■語句や人物の解説は左の【ウェブ百科事典<>】を活用して下さい。

                                 

              

                             

|

« 民・自・公、議員歳費300万円削減で合意 震災復興財源 | トップページ | 氏家斉一郎日本テレビ会長、多臓器不全のため死去 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/51241047

この記事へのトラックバック一覧です: 被災の石ノ森萬画館、再開目指す 宮城・石巻市:

» 南三陸町仮設庁舎で業務再開〜頑張りに頭が下がります。 [世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星)]
南三陸町では町の70%の住宅3877戸が全壊、死者398人、行方不明者824人(27日現在)。 大地震当日は、3階建ての町庁舎が津波に飲み込まれ、屋上に避難していた佐藤仁町長を含む町職員30人のうち20人が流されたという・・。 役場は津波被害で鉄骨だけが残る惨状・・・。 しかし、28日には、プレハブの仮設庁舎(工事現場の仮設事務所っぽい)で「住民票発行など通常業務を再開した」というから凄い!! 瓦礫が広がっていて何から手を付けていいか分からないようなあの状況で、絶望することなくプレハ... [続きを読む]

受信: 2011/03/29 11:44

« 民・自・公、議員歳費300万円削減で合意 震災復興財源 | トップページ | 氏家斉一郎日本テレビ会長、多臓器不全のため死去 »