« ロート製薬、役員報酬を自主返上 震災孤児の支援に | トップページ | アンパンマン&やなせたかし氏、被災者にエール きっと君を助けるから »

大震災避難者、那須御用邸の職員用風呂開放

皇室の那須御用邸(栃木県那須町)で26日、東日本大震災で避難している人たちを対象に、温泉入浴施設の開放が始まった。初回は福島県から同町スポーツセンターに避難している22人が交代で入浴した。

Photo_6 開放されたのは、天皇陛下が静養する際に同行する宮内庁職員用の宿泊施設、供奉員宿舎の風呂。御用邸と同じ1926(大正15)年に造られた木造2階建ての1階にある。
午前9時半、風花が舞う中、バスで到着した避難者たちは、2~3人が入れる源泉かけ流しの湯船三つに交代でつかった。

福島県相馬市から避難してきた男性は、被災後2回目の風呂。半壊した自宅は福島第一原発から約40㌔。妻子とともに放射線から逃れて18日に避難してきた。「久しぶりに温まった。めったに来られる所じゃないし、一時だけど観光気分になれたよ」。
宮内庁では少なくとも4月末ごろまでは、毎日、開放を行いたいという。




            




           


|

« ロート製薬、役員報酬を自主返上 震災孤児の支援に | トップページ | アンパンマン&やなせたかし氏、被災者にエール きっと君を助けるから »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/51220729

この記事へのトラックバック一覧です: 大震災避難者、那須御用邸の職員用風呂開放 :

« ロート製薬、役員報酬を自主返上 震災孤児の支援に | トップページ | アンパンマン&やなせたかし氏、被災者にエール きっと君を助けるから »