« 福島原発事故、国内最悪レベル5 スリーマイル並み | トップページ | 島根県、移住の被災者に30万円 住宅貸与 東日本大震災 »

原発推進政策の見直し必至 福島の深刻な事故受け

福島第1原発の深刻な事故を受け、政府は原発の新規立地など原発推進政策の見直しを余儀なくされる事態になった。枝野幸男官房長官は18日の記者会見で、原発推進は困難との認識を表明した。

Photo_5ただ、原発政策を後退させて安定的なエネルギー供給維持と地球温暖化対策という課題を両立させる解決案は持ち合わせていないのが実態。

国の原子力委員会は現在、05年に策定した原子力利用の基本方針、原子力政策大綱の見直しを進めているが、今回の事故が議論に影響するのは確実とみられる。

経済産業省によると、日本では地震発生前、54基の原発が稼働。電力の30%弱を原発で賄っている。原子力発電推進行動計画は20年までに9基、30年までに少なくとも14基以上の増設を目指すとしている。

新規立地を受け入れる自治体はなくなりそうだ。政府内では当面の対応として、稼働中の原発の点検強化や安全規制強化などが挙がっている。

■語句や人物の解説は左の【ウェブ百科事典】を活用して下さい。


            



           



                        

|

« 福島原発事故、国内最悪レベル5 スリーマイル並み | トップページ | 島根県、移住の被災者に30万円 住宅貸与 東日本大震災 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/51158326

この記事へのトラックバック一覧です: 原発推進政策の見直し必至 福島の深刻な事故受け :

» 仕事している人々 [落ちこぼれのつぶやき]
「英雄フクシマ50」欧米メディア、原発の作業員ら称賛(朝日新聞) - goo ニュース 顔が見えなくても厳しい状況の中でも懸命に働いている人々がたくさんいるのですね。 これから一歩ずつ前へ進んでいきたいですね。... [続きを読む]

受信: 2011/03/19 10:52

« 福島原発事故、国内最悪レベル5 スリーマイル並み | トップページ | 島根県、移住の被災者に30万円 住宅貸与 東日本大震災 »