« 北の湖・陸奥・九重の3親方、理事辞任へ 八百長問題 | トップページ | 佐藤忠良さん、死去、具象彫刻の第一人者 »

子ども手当法、6カ月延長するつなぎ法案を可決

政府は30日、11年度の子ども手当拡充法案について、持ち回り閣議で撤回を決めた。これを受け自民党は31日の参院本会議で、子ども手当制度を現行水準のまま4月から半年間延長するつなぎ法案の採決に応じる方針。

Photo_8審議中の政府提出法案が撤回されるのは1958年以来で極めて異例。
与党と共産、社民両党は参院で否決された場合でも、衆院で再可決に必要な勢力を確保しており、年度内に成立する見通しだ。

みんなの党の寺田典城参院議員は30日、つなぎ法案に賛成する意向を表明。与党と共産、社民両党などだけでは参院の過半数に1議席足りず寺田氏の動向により参院本会議で可決、成立する可能性も強まった。

みんなの党は子ども手当は東日本大震災の被災地に限り支給を延長すべきだとして、つなぎ法案の修正を要求。渡辺代表は、「ぎりぎりまで説得を続ける」としているが、党関係者は「寺田氏の決意は固い」とみている。

寺田氏は共同通信に対し、「子育て支援は政争の具にすべきではない。覚悟を決めるときは決める。半年間、良い制度を考えるべきだ」と語った。

自民、公明両党は30日午前の幹部会合で、子ども手当拡充案の撤回を閣議決定した場合、つなぎ法案の参院審議に応じる方針を確認していた。

■語句や人物の解説は左の【ウェブ百科事典<>】を活用して下さい。

                                 

              

                             

|

« 北の湖・陸奥・九重の3親方、理事辞任へ 八百長問題 | トップページ | 佐藤忠良さん、死去、具象彫刻の第一人者 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/51255938

この記事へのトラックバック一覧です: 子ども手当法、6カ月延長するつなぎ法案を可決:

» 子ども手当つなぎ法が成立 [ぼけ〜〜〜っと人生充電記!]
 中学校卒業まで子供1人当たり月額1万3千円を支給する現行の子ども手当制度を半年間延長する「つなぎ法案」が31日、参院本会議で与党と共産、社民両党などの賛成多数で可決、成立した。採決では賛成、反対とも120票の可否同数となり、西岡武夫議長が可決と決裁...... [続きを読む]

受信: 2011/03/31 23:15

« 北の湖・陸奥・九重の3親方、理事辞任へ 八百長問題 | トップページ | 佐藤忠良さん、死去、具象彫刻の第一人者 »